2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「GTO」 | トップページ | 「噂のアゲメンに恋をした!」 »

2008年5月20日 (火)

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

Chari  政治よりもどちらかと言えば美女とお酒が好きなテキサス出身の下院議員・チャーリー・ウィルソンは、テキサスで6番目にい金持ちのセレブ・ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。
 アフガニスタンの悲しい現状を知った彼はCIAのはみ出し者・ガストの協力を得て、アメリカ政府を横目に作戦資金を工面し、パキスタン、イスラエル、近隣諸国も巻き込んだ極秘作戦を開始する・・・・・・。
 チャーリーが支持するのが、ソ連によるアフガニスタン侵攻に抵抗するムジャヒディンだ。
 映画から初めて知ることは多い。
 自分は「エマニエル夫人」を観るまで、スカッシュというスポーツを知らなかった。
 ムジャヒディンも「007/リビング・デイライツ」でその存在を初めて知った。
 ボンドにアフガニスタンで協力する、ケンブリッジだったかオックスフォードだったかに留学経験のある男がムジャヒディンのメンバーで、最後はヒロインのコンサートにも仲間と一緒にやってくる。
 まあ時代背景的に、この頃は冷戦の真っ最中で、ソ連=悪で、ムジャヒディンも西側の仲間という位置づけだったのだろう。
 同じ時期に「ランボー3/怒りのアフガン」とかあったなあ。
 まさかソ連軍撤退後はムジャヒディン同士の対立から内戦となり、タリバンの台頭を招くことになるとは、当時誰が考えただろうか?
 この時代背景を知っていると、この映画が実は予告編から感じる一人の男が戦争をなくしたみたいな心温まる話ではないことがわかるはずだ。
 だけど、当時としては最善の選択だったんだろうなあ。
 2時間もない上映時間は、歴史的背景を知っていることが前提で話が進んでいくので、物凄く早い展開だ。
 今の状況を知っているだけに、映画がどうなるか妙に緊迫感があったので、自分は意外に面白かった。
 だけど、この映画を観る限り、アメリカって他国を見下してるよな(笑)
 「ミスト」を観た後に、この映画を観るとシャレにならないところがあり、気分がブルーになること受けあいだ。
 出演はチャーリー役にトム・ハンクス。
 この人は良きアメリカのヒーローを選んで演じているような感じで、今回も彼ばかりに原因はないという形をとっている。
 彼をたきつけるセレブにジュリア・ロバーツ。
 役作りでおばさんなんだろうが、顔が物凄く人工的。
 もちろん、ハリウッド女優は顔も体もいじりまくりということは承知しているが、露骨にわかるようなのはどうよ?
 それに比べたら「魔法にかけられて」のエイミー・アダムスのかわいいこと!
 監督はマイク・ニコルズ。
 え~この人、まだ仕事してたんだ~!と思ったのって、自分だけ?
 「卒業」以来何もしてないと思って、調べたら、すいません「卒業」が有名なだけで、他にも沢山仕事をしてました。
 「クローサー」の監督だったのかと感心してたら、香港映画の方ではないことが発覚!
 適当に映画を観ててはいけないことを反省!
 「チャリウォー」に話を戻すと、映画の時代背景をリアルタイムで体験していると、当時の映画がいかに反ソ方面が多かったかを思い出して、ちょっと感慨深い。
 冒頭に「ダラス」の話が出ていたけど、あのドラマって日本にも鳴り物入りで入ってきて思いっきりコケたんだよね。
 当時は、海外ドラマが全て不発だった時で、今では外国テレビドラマがスカパーで1日中放送って当時はもう考えられなかったなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「GTO」 | トップページ | 「噂のアゲメンに恋をした!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41256260

この記事へのトラックバック一覧です: 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」:

» チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメディな...... [続きを読む]

» 【2008-120】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story” [続きを読む]

» チャーリ−・ウィルソンズ・ウォー を観ました。 [My Favorite Things]
予告編でつられてしまった1本です。実話がベース。アメリカもこんな時代があったか?と思われますが… [続きを読む]

» 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 @日劇 [映画な日々。読書な日々。]
酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸... [続きを読む]

» 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ、 ■鑑賞日 5月23日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> こんなストーリーが作り話でなく実話だなんて信じ難い部分もあるが、ある意味この当時の世界情勢の表と裏を適切に指摘している部分も多い。 同... [続きを読む]

» トム・ハンクスの「チャーリー ウイルソンズ ウォー」を観た! [とんとん・にっき]
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支... [続きを読む]

» 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 不遜な国アメリカ [はらやんの映画徒然草]
劇中ウィルソンが、ソ連のアフガニスタン進行を防ぐために武器供与の資金を捻出するた [続きを読む]

» 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』'07・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...... [続きを読む]

« 「GTO」 | トップページ | 「噂のアゲメンに恋をした!」 »