2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「就職戦線異状なし」 | トップページ | 「ラフマニノフ ある愛の調べ」 »

2008年5月23日 (金)

「王妃の紋章」

Ouhinomonshou  何?細川智栄子先生の「王家の紋章」が映画化?
 この紛らわしいタイトルで混乱した人は結構多いはず!
 おそらく、映画会社も狙ったとしか思えない。
 そんなB級C級感覚の映画は無視だと思っていたら、監督がチャン・イーモウであることが発覚!
 もっと前面に出してもらわないと絶対に見逃すって。
 つうことで、もうそろそろ上映が終わりそうなので観にいった。
 話は、10世紀の五代十国時代の中国を舞台に、栄華を極めたとある王家の愛憎渦巻く陰謀と裏切りの描く、無駄に絢爛豪華な歴史絵巻なのだが、まあ規模の大きいホームドラマと言ってよいと思う。
 昼の連ドラ並にドロドロとしていると思えば、突然人海戦術の戦いが始まる。
 なんじゃ、こりゃと思っていたら、戦いが終わった後は、死体やら流れている血、破損物をこれまた物凄い人数で片付けて、何事もなかったかのように、王様一家の会話が始まる。
 つまり、人が大量に戦いが大量に死んでいくのは、王家の規模の大きい家庭内暴力なのだ。
 もはや歴史物でよくある陰謀物とかそんな大層なものではなくて、どこまでいってもホームドラマでしかない。
 正直、面白い話でもないのだが、力づくでスペクタクルにしているのは、さすがチャン・イーモウ。
 確かにど~考えてもストーカーの話なのに号泣させる「初恋のきた道」の監督だけはある。
 この調子でオリンピックも盛り上げてくれ!
 主演はチョウ・ユンファとコン・リー。
 すいません、意識しないとチョウ・ユンファとわかりませんでした。
 役作りもあるのだが、こんなに老けてたかなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「就職戦線異状なし」 | トップページ | 「ラフマニノフ ある愛の調べ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/41289859

この記事へのトラックバック一覧です: 「王妃の紋章」:

» 【2008-96】王妃の紋章(満城尽帯黄金甲) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 王家の掟 ──憎しみあうこと ──愛しあうこと ──殺しあうこと 中国史上、最も栄華を極めた唐王朝後の時代、黄金の一族の裏に隠された恐るべき真実。 ... [続きを読む]

« 「就職戦線異状なし」 | トップページ | 「ラフマニノフ ある愛の調べ」 »