2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 | トップページ | 「チェスト!」 »

2008年4月22日 (火)

「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」

Conan  漫画もアニメもあまりにも長期に続くため、おそらく町の半分が犯人、それ以外は被害者という、とてつもなく治安の悪い町に住む江戸川コナン君が、大活躍する劇場版第12段。
 映画だと更に爆破テロが出てくるのがお約束だ。
 金田一少年も行くところ行くところ殺人事件が発生するのだが、警察関係ではない主人公が活躍しようとすると不自然になってくるのは致し方ないのかもしれない。
 今回は音楽家連続殺人事件の謎解きとコンサート会場爆破から観客の命を守るため、コナンが活躍するというもので、当然の如くコンサート会場は爆発します(笑)
 シリーズ物は新作ごとに観客の希望が膨らみ、アクションも謎解きもインフレ化してしまう。
 それは名探偵コナンもそうで、トリックが普通にやった方が確実なのに、偶然の要素が伴い準備に手間がかかるものが多い。
 またそれをコナンが決めつけともいえる推理でバシバシ解明していくのだが、状況によってはどう考えても犯人以外はわからないことまで推理をしているので、コナンが一番怪しくなってしまう時もあるのだ。
 まあ、ツッコミを入れながら観るのが、この映画の楽しみ方だと思っている。
 そして、今回の最大のツッコミ所は、コナンと女性歌手がプッシュ音を声で作って電話をかけて警察を呼ぶところと、外でドッカンドッカン爆発しているのに、中の観客は防音なので誰も気づかないという設定。
 はははは、そりゃ無理ありすぎだろ!(笑)
 プッシュ音は理論的にはそうかもしれないけれど、強引すぎ!
 ましてや、劇場なんかスタッフも出入りしているし、外に出る人もいないわけではないから、防音とはいえ、外の状況がわからないというのは無理やりすぎるだろ。
 この無理な展開は脚本が柏原寛司か?と思ってエンドロールを確認したら古内一成だった。
 確かに何でもありのコナンとはいえ、久しぶりに笑わせてもらった。
 普通、この手のパターンは観客は知らなくて、演奏が終わるまでに爆発をくい止めなくてはならない等の時間との競争があったりするのが定番なのだが、今回はある意味新しいのかも。
 次回は黒ずくめの男の話っぽい。
 まあコナンの場合、ネタが切れそうになると、黒ずくめの男が登場したり、元の新一に戻ったりするのがお約束なので、おそらく黒ずくめの男が出てきても大きく話が展開するわけではないと思うぞ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 | トップページ | 「チェスト!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40954592

この記事へのトラックバック一覧です: 「名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)」:

« 「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」 | トップページ | 「チェスト!」 »