2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「クイーン・コング」 | トップページ | 「クローバーフィールド/HAKAISHA」 »

2008年4月 5日 (土)

「ポストマン」

Postman  千葉県を舞台に一通の手紙を届けることへの過剰ともいえる情熱を持ち続ける郵便局員と、手紙を通じて深まる家族の物語。
 タイトルだけ聞くとケヴィン・コスナーのトホホ映画のリメイクかと思ったよ。
 郵便屋の映画というと、SABU監督の「ポストマン・ブルース」というのがあった。
 あの映画では郵便屋が人の手紙の中身を見て破くという、気分が悪くなるシーンがあった。
 この映画はどちらかというとサーヴィス過剰な郵便屋の話で、主人公はバイク配達が主流の中、昔ながらのバタンコと呼ばれる自転車に乗って配達をする無駄に熱い男で、最後は200キロ先の家に自転車で手紙を届けるのだ。
 もちろん、それには手紙に対する思いがあるからだった。
 メール全盛の時代に郵便は物凄くアナクロな感じがする。
 ともすれば、時代錯誤な話になったり、ズレたものになってしまう。
 この映画はファンタジーだ。
 こういうのを受け止めることができるかどうかで、この映画の印象は大きく変わる。
 日本郵政が関係しているので、基本的に郵便マンセーであり、当然メールは言葉で出てくるが、使っているシーンはない。
 ところが、全くもって期待していなかったせいか、それなりに観ることができた。
 いわゆる学校で体育館で見せられる典型的な健康優良映画だった。
 まあ、たまにはこういうのもええかなあって。
 主演は長嶋一茂で、なんと製作総指揮も務めている。
 まあ演技はとてもうまいとはいえないが、体力だけで勝負するこの映画の主人公役には合っていると思う。
 自分の本当のお目当ては「幸福な食卓」の北乃きい(B80-W61-H81)なのだが、この映画では物凄く大人っぽくなっていたのに驚いた。
 大塚寧々(B80-W53-H83)も友情出演しているのだが、基本的に死んでいる役なので遺影とか横たわっているだけで意外に楽な役か?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「クイーン・コング」 | トップページ | 「クローバーフィールド/HAKAISHA」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40767453

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポストマン」:

» 映画「ポストマン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
富士山のふもと田園風景の中の赤いポスト、収集された手紙は郵便局を経て、房総の漁村の町へと届く・・そこから始まる物語、意外にも感動で泣かされる・・ ポストマンで連想するのは、プリーズ・ミスター・ポストマン・・ ♪言葉にならない気持ちとか  素直に言えない気持ち... [続きを読む]

» 【2008-73】ポストマン [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 手紙に込められた想い その想いを伝えるために 手紙が繋いだ愛 春の訪れとともに あなたの想い、届けます 思いは、届く。 手紙がつなぐ家族の絆 ... [続きを読む]

« 「クイーン・コング」 | トップページ | 「クローバーフィールド/HAKAISHA」 »