2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ペイ・フォワード 可能の王国」 | トップページ | 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 »

2008年3月27日 (木)

「ザ・カップ 夢のアンテナ」

Photo_2   ブータンがオーストラリアと共同で作ったらしい。
 ブータンといえば国の名前だが、この映画を観なければ、デブゆえに胸を揉まれていた中学生時代の同級生(もちろん男)のあだ名しか思いつかなかった。
 何しろ地球には50カ国以上の国があっても一生知らない国だって幾つかあるはずだ。
 ブータンだって記憶の彼方に消えるはずだったが、この映画のおかげで改めて認識!
 サッカー大好きで真夜中にTVを観るために寺を抜け出す修業中の小坊主が「これからはきちんとやりますから、ワールドカップを見せてくれ」と頼んで、新入りの母親の形見を担保にしてまでTVとアンテナをレンタルして観るというお話だ。
 修業中の坊主がワールドカップを観たいという俗っぽい設定が笑えるが、ワールドカップを観たいから会社やめた奴ならその気持ちはわかるだろうし、ワールドカップを映画に置き換えれば自分にも心当たりがあったりするわけだ。
 ちなみに自分は「水曜ロードショー」で「スター・ウォーズ」の初放送(声:渡辺徹、大場久実子の最悪なもの!)の時は死ぬような思いで金をかき集めてモノラル仕様のビデオデッキ16万円(今なら1万円だよ)、ビデオテープ3000円(今なら100円だよ)を買った奴なので、映画の小坊主の気持ちは痛い程わかる。
 ところが映画は笑える状況だけでなく、泣かせるところは泣かせるし、チベットの状況とかもきちんと訴えている。
 次回のワールドカップの時には再上映またはレンタルビデオ屋でもっと多くの人に観てもらいたい!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ペイ・フォワード 可能の王国」 | トップページ | 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40646218

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・カップ 夢のアンテナ」:

« 「ペイ・フォワード 可能の王国」 | トップページ | 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 »