2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「犬と私の10の約束」 | トップページ | 「魔法にかけられて」 »

2008年3月18日 (火)

「ミスター・ロンリー」

Ml  マイケル・ジャクソンとして生きる青年とマリリン・モンローとして生きる女性との恋物語。
 マリリンの招きで彼女の住むスコットランドの古城にやってきたマイケル。
 そこには、チャップリン、エリザベス女王、ローマ法王、マドンナ、ジェームズ・ディーンなどの物真似する人達が住んでいた。
 あぶない、あぶない、うっかり「ロンリーハート」と間違えてしまうろころだったよ(笑)
 実は、全編マイケル・ジャクソンの歌がガンガンに使われているラブコメかなと思っていたら、マイケルの歌なんか微塵も使われず、各エピソードのタイトルが彼の歌というくらい。
 ちなみに、マイケルもいわゆる「初期型マイケル」ではなく、白くなってからの「後期型マイケル」である。
 まあ、そうでないとディエゴ・ルナが演じるのは無理があるしね。
 ちなみにマリリンはサマンサ・モートンで、これはいかにもそっくりさんを演じている人を演じている。
 話は自分探しがテーマで、結構観ていて痛々しいものがあった。
 結局、自分は自分以外にはなれないんだよなあ。
 マリリンの最後は、他の誰かになりたい果てのものなのかと考えると、ちょっと怖くなってきた。(考えすぎ?)
 同時進行でスカイダイビングをする尼僧の話があって、最後までリンクしないのだが、残念ながらあまり効果的とは思えない。
 テーマが意外に重たく、また思った以上に話が暗く、上映時間が長いので、根性入れて観ないと結構辛いかもよ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「犬と私の10の約束」 | トップページ | 「魔法にかけられて」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40540210

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスター・ロンリー」:

» ミスター・ロンリー [空想俳人日記]
孤独さん 恋仲どうしに なりませう  まずは、題名にもなっている「ミスター・ロンリー」。1964年に全米チャート1位を獲得したボビー・ヴィントン (en:Bobby Vinton)の代表的な曲であり、使われているのは、この往年のヒット・ナンバー。実は私が知っているのは、この原曲... [続きを読む]

» ミスター・ロンリー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『マイケル・ジャクソンでしか生きられない僕が出逢ったのは、 マリリン・モンローでしか存在できない君 かりものの人生の、ほんものの幸せ。』  コチラの「ミスター・ロンリー」は、マイケル・ジャクソンのモノマネをして生きる青年を描いた、2/2公開のハーモニー・...... [続きを読む]

» ミスター・ロンリー [h]
平成20年、劇場での鑑賞15本目。「ミスター・ロンリー」。 主要登場人物の殆どがモノマネ芸人。 劇中では各々がモノマネをしてる対象の名で呼び合うから 本当の名前は登場しない。 クレジットもマイケル・ジャクソ... [続きを読む]

« 「犬と私の10の約束」 | トップページ | 「魔法にかけられて」 »