2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アメリカン・ギャングスター」 | トップページ | 「奈緒子」 »

2008年2月19日 (火)

「シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ」

Noda  映画と歌舞伎がドッキング!
 正に松竹ならではの夢のコラボ!
 映画館で歌舞伎ってNHKの舞台中継と変わらないんじゃない?
 いやそれ以前に舞台は生で観ないとダメなんじゃない?
 いや、自分もそう思っていたのだが、これが意外に面白い!
 以前シネマ歌舞伎「野田版 鼠小僧」を観にいった。
 実は歌舞伎なんか全く興味がなくて、DLP上映の画質を確認しにいっただけなのだが、画質も気持ち悪いくらいにくっきりしていたが、それ以上に舞台そのものが面白かった。
 よくよく考えてみたら、普通に歌舞伎を観にいくと、とんでもなく高い入場料を取られるわけで、ましてや役者の顔がはっきりわかる座席だと、もっと凄い金額になってしまう。
 ところがシネマ歌舞伎だと、普通なら肉眼では見ることのできない細かい役者の表情を確認できる。
 特に中村勘三郎の滝のような汗は、後ろの方の席だと確認することはできない。
 自分は、これはこれでありと思っている。
 家老を殺めてしまい、あだ討ちを誓った兄弟から逃避行を図る侍の話で、十八代目中村勘三郎襲名披露狂言として上演された舞台を映像化したものらしい。
 当然、中村獅童も短い時間ではるが出ている。
 思った以上に面白い!
 歌舞伎というと難解というイメージが強いのだが、これはわかりやすく、ダンスや立ち回りなど盛り沢山で、観ていて飽きることがない。 
 こういう映画館のスクリーンの使い方はOKだと思うので、吉本新喜劇は微妙なのだけど、昔お馴染みのフィルムコンサートみたいに音楽や、スポーツ中継に使うのはOKだと思う。
 そういう内容なら、静かに観ていなくても大騒ぎしてもOKだからさ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「アメリカン・ギャングスター」 | トップページ | 「奈緒子」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40174071

この記事へのトラックバック一覧です: 「シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ」:

« 「アメリカン・ギャングスター」 | トップページ | 「奈緒子」 »