2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「子猫の涙」 | トップページ | 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 »

2008年2月27日 (水)

「潜水服は蝶の夢を見る」

Le_scaphandre_et_lepapillon  身体の自由を奪われてしまったELLEの元編集長ジャン=ドミニク・ボビーが、全身の中で唯一動く左目の瞬きだけで綴った奇跡の自伝ベストセラーを映画化。
 あ~この話を聞いただけで息がつまってしまう。
 閉所恐怖症ではないと思うのだけど、目だけしか意思表示ができず思考は正常というのはかなり厳しい。
 逆にいえば、中には目も動かず意識はあるのに体が全く動かない人もいるんじゃないかなあ。
 この映画は健康な人にはかなり怖い内容だと思う。
 だから観にいくのを凄く躊躇していたのだが、撮影がスピルバーグの盟友ヤヌス・カミンスキーなので観ないわけにはいかない。
 映画はいきなり身動きできない主人公の目線でスタート!
 いや~これは観ている方もかなりきっついわ~。
 しかし、それ以上に瞬きで意思表示も、「はい」が瞬き1回「いいえ」が2回瞬きなのだが、映画を観ながら実際にやっている人もいると思うけど。これもかなりきつい。
 ましてや。文字を覚えて本を書こうなんて気には絶対にならないと思う。
 一応、想像力があれば大丈夫みたいなことを言っているが、それは主人公が雑誌の編集長だからであって普通の人はどうかなあ。
 いやそれ以前に、家族がいるのに働き盛りで体が動かなくなるのも困るし、入院費用だってバカにならないと思う。
 結局、実話とはいえ、あくまでシチュエーションとしての体が動かないなんだろうなあ。
 

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「子猫の涙」 | トップページ | 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40282984

この記事へのトラックバック一覧です: 「潜水服は蝶の夢を見る」:

» 潜水服は蝶の夢を見る [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ア...... [続きを読む]

» 潜水服は蝶の夢を見る・・・夢のある人生はシアワセです [The South Tokyo Morning Blog]
先週のお休みの日、何も計画を立てていなかったので、行き着けの川崎チネチッタで一日中映画を見まくっていました。 まずは、朝9時40分から公開された「潜水服は蝶の夢を見る」から。 タイトルがとても変わっているなという印象がありましたが、チネチッタサイドでお....... [続きを読む]

» 【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。 ジャン=ドミニク・ボビー ELLE編集長、42歳、子供3人の父親。 ある日倒れ、身体の自由を失った。 そして左目の瞬きだけで語り始める。 蝶のように飛び立....... [続きを読む]

» 『潜水服は蝶の夢を見る』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセル■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まずそのタイトルに興味が沸く。 この作品はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞し、今回のアカデミー賞でもジュリアン・シュナーベル... [続きを読む]

« 「子猫の涙」 | トップページ | 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 »