2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 | トップページ | 「クリアネス」 »

2008年2月29日 (金)

「殺し屋1」

Photo  昔はアクション映画は最後のクライマックスあたりに最大の見せ場があったりして、それまでの展開がけっこうタルかったりするのだが、ここ最近映画は最初から最後までクライマックスの連続で、元々根気がなく堪え性のない自分としては嬉しい限り!
 と・こ・ろ・が、それはアメリカ映画の話であって、日本映画は相変わらずちまちましていて、さらには自己中心的というか自分発見というか必要以上に難解にしてよくわからないものが多かったりする。
 それでも面白ければいいが、そうでないものが多すぎたりする。
 アクションは正直言ってハリウッド映画の方が面白いに決まっているので、日本映画にはアニメ以外には期待しない。  
 その代わり刺激が強いものを期待する。
 かといって「死化粧師オロスコ」みないに見た目だけでなく、心底熱くなってくるようなものに期待してしまうわけだ。
 三池崇史は困った映画もあったりするのだが、考えても普通はやらないだろうなあと思うものや、大学や高校の映画研究会が勢いでつくってしまうような物をプロのテクニックで作ってしまう。
 そんな彼の作品で極めた1本が「殺し屋1」である。
 とにかくグロいし、気持ち悪い。
 しかし、それでいて笑えるし、この痛し痒しの状態が全開していて観ていて気持ち良い。
 この映画の最大の魅力は何か?と考えるとそれはキャラクターが立ちまくっている登場人物達だろう。
 特に浅野忠信が際立っている。
 いやタイトルロールの1こそ狂言回しにしかすぎず、やはり主役は浅野だろう(え?今更ですか?)
 女をこれでもかと痛めているところが徹底していて、やっぱり顔が変形するまでというのが大事だろう。
 とにかくデートに向かない映画なので、「浅野の映画観ない?」とかいって誘って失敗した輩も公開当時は多いはず。
 というか、公開当時、劇場はほとんど気合いの入った男ばっかだった。
 やっぱ彼らの愛読書は「ヤングサンデー」か?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 | トップページ | 「クリアネス」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/40305890

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺し屋1」:

« 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 | トップページ | 「クリアネス」 »