2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「マリア」 | トップページ | 「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」 »

2008年1月13日 (日)

「銀色のシーズン」

Giniro   ここ最近のフジテレビ関係の映画は宣伝の仕方に節度がないというかあざといというか、去年だと「西遊記」の時に27時間もかけて映画の宣伝をしているのには、公共の電波を私物化しているとしか思えず正直呆れてしまった。
 またそれで映画が面白いかと言うと、それも微妙で「西遊記」にしても「HERO」にしても別に金払ってまでして劇場で観るようなものでもないのが困ってしまう。
 2007年末からフジテレビ系の番組を観ていると、これでもかというくらいCMを見るのが「銀色のシーズン」だ。
 雪山でやりたい放題の日々を過ごしている3人組はスキー場の何でも屋だが、一方では賭けスキーに興じたり、スキー場で当り屋を演じたりと人々に迷惑を掛け続けている。
 ある日、町の名物・雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性が訪れる。
 彼女はスキーができないため、何でも屋の一人がコーチをすることに・・・・・・。
 結論から言うとあまり面白くない。
 話がいかにもなテンプレートにあてはめたような話で、新鮮味がないのは別にOKとしよう。
 定番といえば定番だからだ。
 しかし、どんな話だろうが一番ダメなのは登場人物の描き方があまりにも深みがないため全く感情移入ができないことだ。
 さらに主人公達が過去に色々あって再生するのはいいとしても、あらゆる人に迷惑かけまくりで、スキーがしたいので人口雪崩れを起こすためのバズーカ(?)みたいなものを使うとか、そんな連中を笑って許せるか?
 ところが、地元の住民はそれを許しているのが不思議だ。
 正直、ここらへんも自分は許せないものがあって、辛いものがあった。
 こういうのって本人は至って真面目にやっているが結果的に大混乱というのが一番面白いんじゃないの?(ロジャー・ムーア時代の007はそうだった)
 見た目の派手さと見せたいところを先に用意して、それに対して逆算したような話で中身はスカスカ。
 「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が、海原から雪山にステージを変えて放つ、新しいタイプのエンターテイメントらしいが、それって売りになるとは思えないし、雪山だから「雪猿」って安直じゃない?
 出演は瑛太、田中麗奈(B77-W56-H82)、玉山鉄二、青木崇高、佐藤江梨子(B88-W58-H88)。
 「魍魎の匣」の時も思ったが田中麗奈の美しさはちょっと異常!
 ひょっとして彼女のピークか?
 一応、期待していたスキーアクションも思ったほどでなく、007シリーズから進化していないのが残念!
 結局、同じフジテレビ関係の映画でも昔の「私をスキーに連れてって」の方が遙かに面白いのもどうなのかな。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「マリア」 | トップページ | 「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17669160

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀色のシーズン」:

» ぎ)銀色のシーズン [朱色会]
アースの後の予告先発は。。 銀色のビール、もとい、『銀色のシーズン』をチョイス。(笑←すでに色眼鏡。 http://www.g-season.jp/ 21世紀の 私をスキーに連れてって に成れるか? とくと拝見いたします。 http://info.movies.yahoo.co.jp/detail?ty=mvid=150299 鑑賞記:「滑って転んだら、また起き上がればいい。」 結論からいうと。。「私をスキーに連れていって(1987)←!」には遠くおよばない(きっぱり。... [続きを読む]

» 【2008-10】銀色のシーズン [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 雪山のバカ3人組≪雪猿≫ 結婚3日前の花嫁 出会いは── 3日限りのはずだった 「過去」を抱える者たち 偶然の出会いが運命を変えた この冬、≪雪猿≫たちがアツくする! ... [続きを読む]

« 「マリア」 | トップページ | 「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」 »