2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「着信アリ」 | トップページ | 「ミッキーの造船技師」 »

2008年1月25日 (金)

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

Nhce  ここ最近、ほとんど小説を読まない自分だが、瀧本竜彦の「NHKへようこそ」は一気に読んでしまった。
 アニメも観ていたのだが、悪くなかったが原作の細かい心理描写はうまく出ていないなあと思った。
 まあ、これは自分が小説を読んでイメージを膨らましすぎたというのもあるのだけどね。
 その瀧本竜彦が第5回角川学園小説大賞を受賞した小説を映画化したのが「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」だ。
 突然現われた謎のチェーンソー男と制服姿の美少女との戦いに巻き込まれていく高校生の話。
 う~ん、惜しい!
 面白くなる要素が沢山あるのに生かしきれていない。
 CGを使いまくった映像や、イメージショットを沢山入れた演出は今風でOKなのだが、キレが悪く少しもたついた感じがした。
 しかし、何よりも登場人物の心の動きがうまく描ききれていない。
 例えば主人公とヒロインが恋仲になっていく流れとかがそうで、「ハチミツとクローバー」でお馴染み「人が恋に落ちる瞬間」があれば、もっとすんなり物語に入ることができるのになあと思う。
 もちろん、映画はそれだけではなくて、かっこよく死んだ親友を追い越すため、ヒロインを守ってかっこよく死ぬというのもあるのだけど、それもちょっと伝わらないところがあって惜しい。
 主人公をそこまえ動かすためのものがないのだ。
 自分は予告編を見て、女子高生制服アクション物だと思っていたので期待して観にいったのだけど、確かに手裏剣っぽいものを使って「スケバン刑事Ⅲ」を思わせるところもあるが、実はアクションシーンは少ない。
 出演は主人公に市原隼人、ヒロインに関めぐみ(B78-W58-H83)、その他に山本陽介、三浦春馬、板尾創路など。
 市原は「虹の女神」の時でもそうだが、ダメ男をやらせると天下一品だな。
 この映画の彼のナレーションは何をしゃべっているかわからないのが辛い!
 関は顔がきついのはいいとしても、身長高すぎだろ!っうか市原が低すぎるのか。
 三浦春馬,は「恋空」のアホな彼氏を思い出させるので、気分が萎える。
 監督は北村拓司・・・・・・って誰?と思ったらCM出身の人だった。
 違う意味で納得!
 自分が観にいった劇場は平日とはいえ、3人だけだったので、シネコンだと早々朝1回くらいの上映になってしまうので、さっさと観にいくことをオススメする。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「着信アリ」 | トップページ | 「ミッキーの造船技師」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。


荒唐無稽なんですけど、十代特有のなんともいえない苛立ちみたいなものが表現されていて、好感の持てる作品でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17823854

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」:

» 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]          2008/01/19公開  (公式サイト) 感動度[:ハート:][:ハート:] 泣き度[:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]    【監督】北村拓司 【脚本】小林弘利 【原作】滝本竜彦 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』 【主題歌】GReeeeN 『BE FREE』 【映倫】PG-12 【時間... [続きを読む]

» 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 10代の死生観 [はらやんの映画徒然草]
10代。 あまり死というものにリアリティのある実感は持てない年頃。 平和を謳歌し [続きを読む]

» 【2008-14】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ NEGATIVE HAPPY CHAIN SAW EDGE [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 誰でも一度は死にたがる・・・なんとなく [続きを読む]

» 映画「ネガティブハッピー・チエーンソーエッヂ」 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
『誰でも一度は死にたがる・・・・・・なんとなく』 これがキャッチコピーだ。 鬱々とした青春時代。輝かしく弾けているばかりじゃないっ! 原作は「NHK(日本ひきこもり協会)へようこそ」の滝本竜彦。 ひきこもりが高じて大学を中退してしまった作者が、どこまでネガティブな一面を見せてくれるのか、公開までは、ものすごく楽しみだった・・・・・・・... [続きを読む]

» 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 監督:北村拓司 出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、野波麻帆、板尾創路、堀井茶渡、坂田直貴、佐藤佐吉、木口亜矢、村田綾子、田中萌、大久保綾乃 家族と離れ寮生活をする高校生・山本陽介は親友の能登がバイク事故で亡くなってからというもの、自分の人生に漠然とした不安を感じていた。 自分と正反対の能登に憧れとコンプレックスを持つ陽介は、「自分も何かしなくては」と思いながらも何をしてよいのかわからず、ダラダラと悶々とした生活を送っていたある日の夕方、公... [続きを読む]

« 「着信アリ」 | トップページ | 「ミッキーの造船技師」 »