2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アース」 | トップページ | 「ヒッチャー」 »

2008年1月16日 (水)

「ペルセポリス」

Persepolis  イランに住む少女が25歳でフランスに移住するまでの半生を、革命後のイランの激動の現代史を重ねて描くアニメ。
 海外のアニメというと動物が喋っていきなり歌って踊るミュージカルのイメージが強い。
 ところが、このアニメは絵こそ萌えの要素は全くないが、内容は大変重い。
 ところが皮肉とユーモアをうまく交えながら、イランの一般人の目線で描いている。
 イラン革命といえば、そういえばそんなこともあったなあと思い出す。
 自分の中では「エロイカより愛をこめて」の3巻で、舞台になったのを思い出す程度。
 確か誰かのセリフで「革命があったところですよね」みたいなものがあったので、ちょうど連載がそれくらいの時期の時事ネタなんだろうと思う。
 そんなアホな自分でさえも、全く大丈夫!
 この映画でイラン革命から後の歴史や、文化や生活がよく理解できた。
 ただ、この映画の主人公は留学ができるので、相当恵まれていると思う。
 だけど、失恋したり結婚に失敗したり、国が混乱していても普通の女性にありそうなことばかりで、これがまたイランという特殊な国の話でも共感できるのかもしれない。
 ヒロインとその母の声を担当したのは、実生活でも母娘のキアラ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴ。
 そういわれても、聞いたところでわからないし、やっぱドヌーヴの声は小原乃梨子でしょ。
 現在をカラー、過去をモノクロにするのはベタだが効果的。
 それにこの映画のモノクロって昭和40年代初期の日本のTVアニメに似ていてちょっと懐かしい感じがするんだけど、それって自分だけ?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「アース」 | トップページ | 「ヒッチャー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17709044

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペルセポリス」:

» ペルセポリス [Art- Mill  あーとみる]
ペルセポリスHP http://persepolis-movie.jp/ 最高に美しいモノクロデッサンである。 今まで知らなかった事が恥ずかしいくらいであり、出会えたことがうれしくてたまらない。まちがいなく [続きを読む]

» 『ペルセポリス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ペルセポリス」□監督・脚本 マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー □原作 マルジャン・サトラピ□キャスト(声の出演) キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ダニエル・ダリュー、サイモン・アブカリアン、ガブリエル・ロペス、フランソワ・ジェローム■鑑賞日 1月21日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> イランの社会状況をもっと理解していれば、彼女が訴えようとしているものは見えて来たのかも知れない。 アカデミー賞長編ア... [続きを読む]

» ペルセポリス 観てきました [よしなしごと]
 映画ブログのはずなのに、最近映画の記事を書いていないなぁ。だって、最近仕事が忙しくレイトショーに間に合わないんだもん。1週間以上も映画館に行っていないなんて自分でも信じられません。と言うわけで、土曜は休日出勤だったので日曜日に久々に映画館に行ってきました。と言うわけで久々に行く映画はペルセポリスでした。... [続きを読む]

« 「アース」 | トップページ | 「ヒッチャー」 »