2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ダーウィン・アワード」 | トップページ | 「男はつらいよ」 »

2007年12月12日 (水)

「劇場版 幻想魔伝最遊記 Requiem 選ばれざるものへの鎮魂歌」

01  ♪ニンニキニキニキっちゅうことで「西遊記」といえば、大まかな話筋を知っているものの原作は実際読んだ人なんかいないんじゃないか?
 自分は少なくともアニメの「悟空の大冒険」やドリフの「飛べ!孫悟空」、はたまた堺正章の「西遊記」を見てなんとなく知っているだけで、三蔵法師一行が最後天竺まで行ったかどうか全くわからない。
 なんとなく原作にはカトチャンがいないだろうなあということはわかる位である。
 原作は妙に長い話らしい。
 自分の知人が入院していて「これ全部読んでも入院していたら最悪だな」と言っていたのだが、かわいそうに全部読んでしまい、今は宇宙英雄ペリー・ローダン・シリーズを読もうかどうか迷っている(涙)
 あまりにも有名で設定が使いまわしが効くので色々なものが作られているのだが、この映画もそのうちの1本と言えるだろう。
 当時、東京に行った時にこの映画の予告編を観たのだが、その時はまたTVアニメの映画化かと軽く流していたのだが、公開が近づくとあっちこっちでTVスポットやネットでも話題になると、やっぱりちょっと観たい気持ちになってきた。
 そうなると観にいくしかないのだが、やってないんだよ>東宝映画はどこでも上映しているのだが、ちょっとマイナーで松竹系公開だといきなり上映劇場が少なくなってしまうのだ。
 やっぱり田舎はいかんねえ。
 そういえば昔、「宇宙戦士バルディオス」って映画化したらしいんだけど自分の町だけこなかったし、「風の谷のナウシカ」も1週間のみの上映というかなり辛い状況だった。
 それも今は良い思い出・・・・・・なわけねえだろ。
 で、探し捲ってあげくどっかのシネコンで上映していることを発見!
 しかし朝と夕方2回しか上映していなかった。
 まあ行くしかないのだが、ここでふと気づいたのだが、自分って結構アニメ好きか~?
 しかしここまで無理して観にいってつまらなかったらどうしてくれよう?
 そうなったら劇場前にウンコしてくるしかないか?(←おめえは子供か?)
 無駄に悩んでいたのだが、結果としては大変面白い作品だった。
 劇場前でウンコするはめにならなくてよかった(安堵)
 TVアニメと映画化は設定がよくわからないとか、内輪受けが多いとか言われていたのは今は昔の話で、ここ最近のTVアニメの映画化は設定やキャラクター紹介を違和感なくサクサクと説明してしまい、知らない人にもわかりやすく、知っている人には蛇足にならないようにしている。
 日本のアニメ映画は実写よりもはずれが少なく、特にTVアニメの映画化は確実にファンの期待に答えなくてはいけないという使命があるせいか良い仕事をしていることが多い。
 登場人物も実にわかりやすい性格づけで、いかにもなのだが安心ができるので良い。
 最初、TETSU69が歌う映画の主題歌のプロモが上映されたのだが、こんなの別に必要ないんじゃねえの?
 確かにファンがいるかもしれないけど、劇場にいる。半分以上のアニメファンはどおでもいいいと思ってるのではないかな?
 あ~でもこれがモーニング娘。だったら、ドルビーのきちんと効いた劇場で大画面で観ることができるなら・・・・・・やっぱり観たいと思うので、おそらくファンは観たいのだろう。
 一応それなりに面白いので時間とお金のある人にはオススメ!
 でも普段ジブリ映画以外アニメを観ない人やTVアニメの映画化というだけで、最初から色眼鏡で観る傾向がある評論家(中には相変わらずTVドラマやアニメは観てないと自慢している困った奴もいるが)は別に無理して観なくていいよ~。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ダーウィン・アワード」 | トップページ | 「男はつらいよ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17344699

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版 幻想魔伝最遊記 Requiem 選ばれざるものへの鎮魂歌」:

« 「ダーウィン・アワード」 | トップページ | 「男はつらいよ」 »