2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ナトゥ踊る!ニンジャ伝説」 | トップページ | 「ROBO☆ROCK」 »

2007年12月 9日 (日)

「マリと子犬の物語」

Mari  新潟県中越地震で大きな被害に見舞われた山古志村で、愛犬マリと3匹の子犬を村に残さざるを得なかった飼い主家族と、エサがない中、我が子を懸命に守り抜く母犬マリの奮闘を描く話で、実話を元にしているそうな。
 最初、話を聞いたときマリって人の名前だと思ったよ(笑)
 「週刊少年サンデー」で8月くらいから漫画版の連載が始まって、12月公開でそんなに早くて大丈夫か?と思ったら、2ヶ月くらい連載していたのには驚いた。
 それ以前に話がわかったら映画観にいく人が減るんじゃないのか?とも思ったが、昨今流行のメディアミックスというやつなのかもしれない。
 まあ、昔は「月刊少年チャンピオン」で「パニック・イン・スタジアム」や「週刊少年マガジン」で「スター・ウォーズ」をやっていたくらいだから、大丈夫なのだろう。
 それ以前に漫画版の女の子が7歳の設定なのに、どうがんばってもそう見えないのは、ちょっと絵へたすぎだろ。
 子供と動物ネタはあざといと言われそうだが、それなりの集客は親子連れで見込めそうだし、実際公開初日に劇場に行ったら、子供の佃煮状態だったが、ポケモンやドラえもん程でもなかった。
 話は・・・・・・・う~ん微妙なところで、地震で犬どころの話じゃないだろ?とか、子供のあまりにも無謀な行動とか、それ以前に母親が「いなくて年寄りがいるのに犬4匹飼うのは多すぎだろとかツッコミ所もあるのだが、それ以上に犬がかわいくて、子役がかわいいので、まあええかなあって感じ。
 予告でお馴染みの子供の犬の名前を叫ぶところとか、わかているけど意外に泣けてしまうのは、気分も年取って涙もろくなってしまったからなんだろうなあ。(遠い目)
 おそらく、対象が親子連れなので、大人が1人とかカップルで観にいくものではないんだろうなあ。
 もちろん、犬のアイドル映画なので犬好きの人はOKなんだけどね。
 あとテレビドラマ版の「火垂るの墓」佐々木麻緒ちゃんが凄く良かった。
 この子は将来凄く美人になりそう。
 彼女の兄役が広田亮平なんだけど、これじゃあまんま「涙そうそう」だよ。
 震災ネタでも「ありがとう」より良かったし、犬ネタでも「仔犬ダンの物語」よりは遙かに良かった。
 ただ上映時間が長すぎ、子供の集中時間を考えると90分~100分じゃない?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ナトゥ踊る!ニンジャ伝説」 | トップページ | 「ROBO☆ROCK」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17315537

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリと子犬の物語」:

» 「マリと子犬の物語」変わらない毎日に感謝したくなる [soramove]
「マリと子犬の物語」★★★ 船越英一郎 、 松本明子 、 広田亮平 、 佐々木麻緒 、 徳井優出演 猪股隆一監督、2007年、124分、東宝 2004年に起きた新潟県中越地震の被災地、 山古志村に取り残された犬が 被災から16日後に助けられた実話を基に 作られた映画...... [続きを読む]

» 【2007-177】マリと子犬の物語 A tale of Mari and three puppies [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? これは、実話から生まれた、いのちの物語。 誰もいない村で生き抜いた、犬の親子の奇跡の16日間。 守りたい── ただ、それだけだった。 ... [続きを読む]

» 今年の1作目は マリと子犬の物語 でした。 [よしなしごと]
 2008年1本目はマリと子犬の物語を観てきました。子供向け(と言うか、子供にも見てもらいたい映画)なのでしょうか、レイトショーがないので会社が始まると見に行けないので、なんとしても正月休みに観なければ。。。... [続きを読む]

« 「ナトゥ踊る!ニンジャ伝説」 | トップページ | 「ROBO☆ROCK」 »