2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「転々」 | トップページ | 「エクスクロス 魔境伝説」 »

2007年12月 2日 (日)

「椿三十郎」(2007年版)

30  黒澤明の映画のリメイクはどう考えても制作側としては負け戦でしかなく、絶対に評価をされない。
 「椿三十郎」を森田芳光監督・織田裕二主演でリメイクの話を聞いて、また無茶なことをするなあと思ったし、「椿三十郎」をこよなく愛する自分の知人は最初から完全否定で絶対に観ないと言っていた。
 黒澤絶対主義の人は多いので当たり前だ。
 気持ちはわからないのでもないのだが、黒澤のオリジナル版がなくなるわけでもなく、別物として観るのが精神衛生上正しいと思う。
 まあ自分が「椿三十郎」は好きだけど物凄く思い入れがないからというのがあるかもしれない。
 というのは、自分は黒澤映画で一番好きなのは「隠し砦の三悪人」なので、やはりリメイクの話を聞いた時はちょっと複雑な気分になってしまったから、気持ちはわからないわけでもない。
 そんなわけで、「椿三十郎」だが、最初、山本周五郎の「日々平安」をそのまま映画化するのかなと思いきや、実は菊島隆三、小国英雄、黒澤明の脚本をそのまま使用していた思いっきり直球勝負なのだ。
 これは演出する側がかなりの力量がいるわけだが、結論から言うと意外に悪くなかった。
 脚本の凄さを改めて認識。
 脚本さえしっかりしていれば、それなりの力のある監督ならそれなりに作ってしまえるのではないかと思った。
 オリジナル版を観ていない人に感想を聞くと意外に評判が良い。
 今までの黒澤作品のリメイクのドラマとか観ていると、舞台を現在に置き換えるとか無理にアレンジしすぎなわけで、そのまんまやれば問題ないのではないのかもしれない。
 織田裕二の椿三十郎は三船敏郎に比べるとやはり負けてしまう。
 彼には三船の無骨さと貫禄がないのだが、これはもう三船の凄さなので言うだけ野暮というもの。
 ただ織田三十郎のちょっとヒネた兄貴っぽさは有りだと思う。
 9人の若い侍はそれなりにがんばっていたと思う。
 特に松山ケンイチは面白かった。
 室戸半兵衛役の豊川悦司も悪くなかったが、仲代達矢の不気味な冷淡さがなかったのが残念。
 奥方の中村玉緒も、テレビのバラエティとは違った落ち着いた演技を見せていた。
 実は、今でこそあんなのだが、若い頃のお姫様を演じていた頃の中村は真剣美人であり、この映画ではそれがそのまま年取ったような感じになっていた。
 ただ、ラストの日本映画屈指の名シーンが同じでなかったのが残念。
 今回がリアルと言われればそうなのだが、やっぱり初めて黒澤版を観た時、椿三十郎と室戸半兵衛がにらみ合って最後の有名なシーンまでは物凄い緊迫感で手に汗握った覚えがあるので、森田監督がどう演出するのか期待していたのだが、まあこれも有りっちゃあ有りなんだけど、ちょっと複雑!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「転々」 | トップページ | 「エクスクロス 魔境伝説」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17247160

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿三十郎」(2007年版):

» 「椿三十郎(2007)」オリジナル脚本の完成度を改めて実感 [はらやんの映画徒然草]
世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督 [続きを読む]

» 椿 三十郎   [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
こうきたか、織田裕二・・・・・・・。 エンドロールを見ながら、そう思いました。 [続きを読む]

» 「椿三十郎」:佃二丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}ずいぶん昔からありそうな居酒屋ね。 {/kaeru_en4/}江戸家っていうからには、江戸時代からあるのかな。 {/hiyo_en2/}まさか。でも、江戸時代の侍とかがここで酔っ払っていても不思議じゃない雰囲気があるわね。 {/kaeru_en4/}椿三十郎とかな。 {/hiyo_en2/}そうそう。あの男も何かって言うと「酒はないか」とくるんだから。 {/kaeru_en4/}黒沢明の名作を森田芳光がリメークしてたな。 {/hiyo_en2/}この新しい「椿三十郎」、ほと... [続きを読む]

» 椿三十郎 を観ました。 [My Favorite Things]
「私の名前ですか。・・・つばき、椿三十郎。いや、もうそろそろ四十郎ですが」 [続きを読む]

» 『椿三十郎』鑑賞! [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『椿三十郎』鑑賞レビュー! 織田裕二×豊川悦司×森田芳光監督が贈る! お正月映画最大の話題作! 名匠・黒澤明の傑作時代劇を 同作の脚本をもとに 森田芳光監督がリメイク この男、時代を超えて生きている。 2007年/日本 公開日::::2007年12月1日(土) 上映時間::::119min(1時間59分) カラー/シネスコサイズ 配給::::東宝 黒澤明監督の娯楽時代劇を45年ぶりにリメイク! ★review★ 本作は... [続きを読む]

» 『椿三十郎』 [cinema days 『映画な日々』]
 黒澤作品の45年振りリメイク  織田裕二は『将軍家光の乱心 激突』('89)以来の  時代劇出演  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 [続きを読む]

» 椿三十郎 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜....... [続きを読む]

» 【2007-173】椿三十郎 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。 ... [続きを読む]

» 椿三十郎 [Art- Mill  あーとみる]
椿三十郎HP http://www.tsubaki-sanjuro.jp/index.html これだけきっちりリメイクしていただくと、それなりに感激します。黒沢さんプラス三船さんの「椿三十郎」の名場面の数々が蘇ってきます [続きを読む]

» 椿三十郎 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本  時代劇&アクション&サスペンス  監督:森田芳光  出演:織田裕二      豊川悦司      松山ケンイチ      佐々木蔵之介 【物語】 とある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。彼らは、上役である次席家老・ 黒藤と国許用人・竹林の汚職を....... [続きを読む]

» 椿三十郎 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬ら...... [続きを読む]

» 椿三十郎 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼らは、大目付の菊井を頼ることに。そこへ、社の奥から一人の浪人が現れ・・・。 オリジナル未見です。 何と言ってもキャスティングが気に入りました。 トヨエツ、織田裕二はモチロンのこと、若侍達の初々しさや、マツケン、佐々木蔵之介のコミカルなア... [続きを読む]

« 「転々」 | トップページ | 「エクスクロス 魔境伝説」 »