2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ミッドナイトイーグル」 | トップページ | 「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」 »

2007年11月25日 (日)

「東京ゴッドファーザーズ」

Tgf  アニメ映画の期待の星と言えば1番はやはり宮崎駿であり、2番目は押井守であることは多くの人が認めることであろう(いやあくまで自分のイメージね)
 それでは3番目以降はとなると意見が分かれていく。
 「クレヨンしんちゃん」や「河童のクゥと夏休み」の原恵一もいるし、「アキラ」が評価されたが、「スチーム・ボーイ」がトホホで実写はダメダメな(いやあくまで自分のイメージね)大友克洋、「ホーホケキョとなりの山田くん」で松竹に大打撃を与えた高畑勲など人によって順位がばらつくと思うが、「パーフェクト・ブルー」や「パプリカ」の今敏を上げる人も多いだろう。
 そんなわけで2004年公開の「東京キッドブラザース」いや「東京ゴッドファーザーズ」
 物語は新宿の片隅で生きる3人のホームレスが、ゴミだめの中で天使のような赤ん坊を発見!
  捨て子の親を探しはじめた彼らは、偶然出会った人々や訪れた場所で、なぜか<幸運>に恵まれることになるといった話で、ホームレスというと生々しい話になりそうだが、アニメ故にファンタジーになっているのが良い。
  っていうかこれ実写で作ったらかなり辛くなるよ!
 最初のクレジットの出し方が全て看板になっているところが面白い。
 いやもっと言うとあまりにもさり気ないのでクレジットであることを見逃しそうな感じ。
 全編舞台である雪の東京も妙に良くできていて、実写ではこうもいかないだろうから、やっぱりアニメならではだろう。
 この映画を面白くしている最大の功績は全編しゃべりまくっているオカマのハナちゃんを演じている梅垣義明だろう。
 彼がいなかったらこの映画は成功していないと思う。
 家出少女役の岡本綾(B84-W57-H88)もそこらの若い声優より遥かにうまいぞ!

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ミッドナイトイーグル」 | トップページ | 「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/17175387

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ゴッドファーザーズ」:

« 「ミッドナイトイーグル」 | トップページ | 「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」 »