2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「クローズ ZERO」 | トップページ | 「グッド・シェパード」 »

2007年10月29日 (月)

「アレックス・ライダー」

Ar  アンソニー・ホロヴィッツの女王陛下の少年スパイ!アレックスの映画化の話を聞いて、少しがっかりした人もいるはず!
 なんだ、実写化なのか・・・・・・(溜息)
 やっぱり荒木飛呂彦の絵でアニメ化して欲しい!
 もちろん、彼の独自の絵が英国スパイの雰囲気に合うかどうかは微妙だが、翻訳本でちょっとイメージがついてしまったところもあるんだなあ。
 それはともかく、ティーンエイジャースパイ・アレックス・ライダーが活躍する記念すべき第1作目の「ストームブレイカー」の映画化。
 中学生のアレックス・ライダーは、一緒に暮らしていた叔父が謎の死を遂げたのをきっかけに、彼が銀行員ではなく英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。
 幼い頃からスパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに仕込まれていたアレックスは、その能力を買われてMI6にスカウトされる。
 厳しい訓練の後、アレックスに課せられた最初の任務は、IT事業の成功者ダリル・セイルを標的とする潜入捜査。
 セイルは慈善事業の裏でロンドン市民700万人を巻き込む陰謀を企んでいた・・・・・・。
 アレックス役のアレックス・ペティファーがどう見ても中学生に見えないのが困ったものでが、ハリー・ポッターよりまだマシかもしれない。
 実は叔父さん役がユアン・アクレガーで、敵役でミッキー・ロークという意外に大物が出演しているのに驚くが、ユアン・マクレガーは出演シーンが異常に短いので、1日位で撮影したのではないかと思われる。
 アレックスが綱1本で戦うところは、ドニー・イェンが参加していることから、彼が指導した感じがする。(実際はよくわからんが・・・・・・)
 話は意外に面白くて、007の路線を受け継いでいる。
 少年スパイだけに車ではなく自転車や馬を使って大活躍!
 一応アレックスは日本語ができるという設定なのだ、どう考えてもへたくそだったり、家政婦が日本かぶれで、「007は二度死ぬ」くらい勘違いなとかおろもあるが、これも007からの伝統っちゅうことで。
 秘密兵器で、6時間は人の言うことを聞く薬というのがあったのだが、こんなのがあるなら最初からそれを使った方がいいんじゃない・・・・・・というツッコミは今回はやめておく。
 一応、続編を匂わす終わり方だが、よくよく調べてみたら本国では2007年公開で、すっかりDVDも販売されていることから、実は意外にヒットしなかったのではないかと思われる。(個人的には続編希望なんだけどね)

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「クローズ ZERO」 | トップページ | 「グッド・シェパード」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16900327

この記事へのトラックバック一覧です: 「アレックス・ライダー」:

» アレックス・ライダー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『次世代”諜報員<スパイ>”が誕生、成長、そして覚醒!! 新たなスパイ・アクションの伝説が始動する。』  コチラの「アレックス・ライダー」は、アンソニー・ホロヴィッツの同名小説「Stormbreaker(邦題:女王陛下の少年スパイ!アレックス ストームブレイカー)...... [続きを読む]

» アレックス・ライダー [まぁず、なにやってんだか]
イケメン鑑賞。 予告編を観て「これは・・・!」とトキメイちゃったのよね。 で、スキップしながら観にいったのであるが、アレックス(アレックス・ペティファー)は高校生だと思ったら、なんと中学生。14歳だって。プロフィール観たら 1990年生まれ・・・。げっ。 しかーし、美しいもんは美しいんである。これはじっくり鑑賞せねば! ストーリーはとてもわかりやすく、うちの息子に見せたら喜びそうな感じです。なにしろ、悪人は悪人らしいビジュアルで、やっつけ方もあまりどぎつくなく、笑えるし。 ダリア... [続きを読む]

« 「クローズ ZERO」 | トップページ | 「グッド・シェパード」 »