2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「キングダム/見えざる敵」 | トップページ | 「大統領暗殺」 »

2007年10月15日 (月)

「サウスバウンド」

1  一応作家(?)みたいだが仕事もせず家でゴロゴロしている元過激派の父親に振り回される小学生の息子。
 突然家族を引き連れ沖縄の西表島に移住するが、そこでもさらなる大騒動を巻き起こす父親の型破りな生き様を描くファミリー映画(?)
 奥田英朗の小説が原作らしいが、自分は未読。
 一応、興味があったので図書館に行ったら貸し出し中で予約も結構な数だった。
 みんな、考えることは一緒だなあ。
 ちなみに「世界の中心で愛をさけぶ」は13冊あって誰も借りてなかった。
 監督は森田芳光。
 あれ、ひょっとして彼の作品の中では「家族ゲーム」以来のファミリー映画?
 出演は豊川悦司、天海祐希(B83-W58-H88)、松山ケンイチ、その他、北川景子(B75-W53-H81)など、以前に森田映画に出演した人多数。
 ここ最近の森田映画の演出というかテンポは自分に合っているらしく、この映画も楽しく見ることができた。
 特に森田映画は食べ物がどういうわけか凄く美味しそうにみえるのだが(最近の例:「間宮兄弟」の餃子)、この映画でも何気に出てくる果物とかが妙に美味しそうで困った。
 トヨエツ演じる親父は映画で観ている分には面白いが、実際あんなのが自分の家族だったり、隣人だったりしたらかなりいやだろうなあ。
 まあ本当なら実際にトヨエツの年齢と学生運動があった時期は合致しないと思うのだが、おそらく映画の中の世界の話だと脳内補完することにした。
 登場人物のキャラが全員立っているので大変面白い。
 おそらく、この映画の息子もそうだろうけど、あんな親父にはなりたくないけど、あの生き方には憧れるものはあるだろうなあ。
 主題歌が中島美嘉(B80-W57-H80)なんだけど、エンドロールに使用されるのはお約束としても、あまり意味のない劇中に使用されるのはちょっと不自然な感じがした。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「キングダム/見えざる敵」 | トップページ | 「大統領暗殺」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16763226

この記事へのトラックバック一覧です: 「サウスバウンド」:

« 「キングダム/見えざる敵」 | トップページ | 「大統領暗殺」 »