2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!」 | トップページ | 「ラマになった王様」 »

2007年9月14日 (金)

「69 sixty nine」

69  自分は何に感動したかって、この映画の予告編で、ヒロインのがバラの花びらを敷き詰めた廊下を歩いているシーンで、CHEMISTRYの歌が妙にぴったりはまっていて滅茶苦茶かっこよかったんだよ。
 ここのところだけでも自分的にはかなりOK!
 でもやはり本編も観ないとね。
 というわけで、公開当時(2004年7月)、初日に劇場にいってきた。
 でも大半の人は「スパイダーマン」か「ハリポタ」なので劇場はちょっとガラガラ。
 まさに理想的な鑑賞環境である。(興行側には最悪だが)
 映画はバリケード封鎖するまではスピード感があって面白いのだが、その後はどんどん失速していく。
 特にタイトルバックなんか「キューティーハニー」の次にできが良いと思う。
 しかし、要所要所は面白かったりするのだが、それが連続しない。
 比較しても仕方ないのだが、「下妻物語」のように最初から最後まで高いテンションで走ってくれればなあと思ったりする。
 この映画で一番かっこいいのは主人公の父親役の柴田恭兵だろう。
 柴田というと今でも「あぶない刑事」のイメージが強いので、最初すぐに気づかなかった。
 つうか老けたよなあ。
 バリケード封鎖をやったことがばれた息子に対して「信じてやったんだから堂々と処分を受けてこい」とか言う懐の深さに感動!
 世のお父さんも見習いましょう。
 あと相変わらずいい味出している岸部一徳にも注目!
 それよりも、今でも高校生が似合う妻夫木聡で、「オレンジデイズ」で大学生役だったり実際はいくつなんだ?
 いや、それよりも安藤政信の方がもう高校生役をやるような年齢ではないと思うがいかに?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!」 | トップページ | 「ラマになった王様」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16439681

この記事へのトラックバック一覧です: 「69 sixty nine」:

« 「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!」 | トップページ | 「ラマになった王様」 »