2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 「映画 犬夜叉 時代を越える想い」 »

2007年9月19日 (水)

「ギャラクシー・クエスト」

Gq  どこの世界にも熱心なファンというのもいるものだが、関係のない側からだと彼らは異様で滑稽だ。
 特にアニメや特撮関係のディープなファンは時にはちょっと痛々しい。
 「もっと他に使うことがあるだろう」というような買い物をしたり、「どうしてそんな格好ができるんだ?」というようなコスプレやキャラクターのトレーナーの着用、「そんなこと知っててどうするんだ?」というような物語の中の設定を熟知してたりして、正直ちょっと疎外感さえある。
 もちろん、それを堂々と見せているか、隠しているかは人それぞれなんだけど、何故ゴルフや野球などのスポーツ系は良くて、アニメや特撮はダメなのか?と考えている奴だって絶対にいる。
 もっと暖かい目でみてやってちょうだいよ。
 「ギャラクシー・クエスト」は観れば誰でもわかると思うが「スタトレ」とそのファンのパロディ色が強い。
  だからといってそれらを馬鹿にしているわけではなく、むしろ暖かい目でみているし、ファンの心意気を理解している傑作だ。
 元ネタを知っても知らなくても楽しめるし、パロディ的な作品なのに特撮部分なんか本家顔負けのレベルの高さである。
 その中でも最高の特撮はシガニー・ウィーヴァーの若作りであることに誰も反論しないはずだ。
 やっぱりこの徹底さと脚本のうまさが単なるパロディ物になっていないんだろうなあ。
 この手のものなら日本でもできそうなので「ガンダム」とか「ヤマト」(?)なんかでやってくれと思ったが、この映画のような傑作にはならないだろうなあ。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 「映画 犬夜叉 時代を越える想い」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16496149

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギャラクシー・クエスト」:

« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 | トップページ | 「映画 犬夜叉 時代を越える想い」 »