2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ルネッサンス」 | トップページ | 「トランスフォーマー」 »

2007年8月 4日 (土)

「クレヨンしんちゃん 真夏の夜にオラ参上! 嵐を呼ぶ電王 VS しん王60分スペシャル」

 TV番組の映画化は、テレビ局が関係しているだけにその宣伝は半端ではなく、場合によっては常軌を逸していることもあるわけで、例えば「西遊記」の宣伝だけで27時間も費やしてしまうフジテレビは、冷静に考えなくてもかなり異常だ。
 8月4日は外国映画は「ハリー・ポッター」に次ぐ第二の本命と言われる「トランスフォーマー」が公開されるが、日本映画の本命は何と言っても「劇場版仮面ライダー電王」である。
 公開前日の「クレヨンしんちゃん」は1時間スペシャルで「仮面ライダー電王」と「クレヨンしんちゃん」のコラボレーションが実現!
 ひょんなことからデンライナーに乗り込んでしまったしんちゃん。
 そこには、良太郎、ハナちゃん、モモタロス、ナオミ、そしてオーナーの姿が・・・・・・。
 一方、イマジンがみさえに取り憑いてしまい、イマジンを倒すため、しんちゃんもしん王に変身、電王とイマジンに立ち向かう・・・・・・という話で、正にいーじゃんいーじゃんすげーじゃん状態の面白さ!
 番組の構成は実写部門とアニメ部門があって、実写の時はしんちゃんが着ぐるみで、アニメ部門は「電王」の登場人物がアニメキャラになって登場!
 電王のメンバーも本人役で登場。
 良太郎役の佐藤健はうまいのだが、ハナちゃん役の白鳥百合子(B88-W56-H84)は棒読みというかへたすぎ!
 初っ端から「世界の車窓から」のパロディでツカミはOK!
 BGMや効果音も「電王」を使っている凝り様
 あまりにも露骨な映画宣伝番組よりも、これくらいヒネりのある方が観ていて楽しい。
 まあ、本来なら「クレヨンしんちゃん」でやるべきなのは「河童のクゥと夏休み」じゃないのかと思うのだが、そこらへんは大人の事情ということなのかもしれないんだけどね。

 ↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「ルネッサンス」 | トップページ | 「トランスフォーマー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15998647

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレヨンしんちゃん 真夏の夜にオラ参上! 嵐を呼ぶ電王 VS しん王60分スペシャル」:

« 「ルネッサンス」 | トップページ | 「トランスフォーマー」 »