2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「Life 天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「レッスン!」 »

2007年8月28日 (火)

「ベクシル 2077 日本鎖国」

2077  西暦2067年、ハイテク鎖国により秘密のベールに包まれた日本の内情を探るため潜入を図った米国特殊部隊の話。
 昔、「ファイナルファンタジー」という莫大な制作費を費やしたのに、とてつもなくつまらなくて、興行的にも大コケで、スクウェアの経理面を正にファイナル状態にしてしまったクソ映画があった。
 あの映画の最大の失敗は話がつまらないのと、リアルを追求した人の動きがかなり違和感があったことである。
 この映画も妙にリアルな動きの割りには、いかにもCGでつくりました~みたいな顔とのバランスがまるで取れていない。
 というか、映画館まで来てゲームのようなキャラクターを見せられてもなあ。
 そもそも、本当に実写に近い状態にしたいなら、実写の方がいいわけで、アニメのリアルというのは、デフォルメした中にも動きと止めがあって、それによるもっともらしさを出すことである。
 そして何より動きに「けれんみ」がない。 
 同じCGを使っていてもピクサーはよくわかっていると思う。
 特に「レミーのおいしいレストラン」の人間の動きは凄い。。
 肝心の話もハイテク鎖国というアイディアは面白いものの、シュミレーションがされていないため、設定の面白さが全くない。
 それに悪者の陰謀と言うのが、イマイチ効率が悪く意味がわからない・・・・つうかアホですか?
 一応、音響設備のいい劇場だと戦闘シーンは迫力があるのだけどね。
 主役の声は黒木メイサ(B78-W56-H82)が演じているのだけど、ちょっとうまくない。
 

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「Life 天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「レッスン!」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16260805

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベクシル 2077 日本鎖国」:

» 「ベクシル -2077 日本鎖国-」 何故3DCGリアルアニメーションなのか? [はらやんの映画徒然草]
観て思ったのは、この映画を何故3DCGリアルアニメーションなのかということ。 最 [続きを読む]

« 「Life 天国で君に逢えたら」 | トップページ | 「レッスン!」 »