2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ジュラシック・パークⅢ」 | トップページ | 「ルネッサンス」 »

2007年8月 2日 (木)

「アヒルと鴨のコインロッカー」

Ahiru  大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)の隣りの部屋には河崎(瑛太)という男がいる。
 初対面の椎名に河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。
 そんな話に全く乗る気のなかった椎名だが、翌日、モデルガン片手に書店の裏口に立っていた・・・・・・。
 自分は、基本的にどんなに荒唐無稽な話でも、登場人物に感情移入ができて、話展開にもっともらしい説得力があればOKだと思っている。
 ところが、この映画は全ての登場人物に感情移入ができない。
 そして、それは登場人物の動きに説得力がないからで、例えば本屋襲撃に至るまでが、劇中ではそれなりに説明しているのだが、全く説得力がないし、主人公が本屋で教科書を買う時に、前に買ったかどうかわからないため、隣人に電話をかけて鍵の場所を教えて、部屋の中に入ってもらって確認をしてもらうというエピソードがある。
 これは話的には相当重要なのだが、普通、本を買ったかどうかわからない場合は、家に帰って確認するし、なかったら翌日にでも買いにいくのが普通で、ましてやレジを途中でとめたままというのはありえない。
 もちろん、演出側もわざとやっているのだが、大変違和感を感じた。
 実はこの手の演出が気になって、前半は大変辛かったのだが、後半のペット虐待の話になってくると俄然面白くなってくる。
 ここらへんはネタバレすると面白くないので、あえて避けるが、ここから登場人物に感情移入もできるし、前半の居心地の悪い展開も納得できるようになってくる。
 この感覚は「机のなかみ」を観た時と同じだが、「机のなかみ」より話の構造はもっと練り込まれている。
 あ~ひょっとして前半のユルいギャグや、違和感を感じた演出も後半のためのものなのか?
 ということは、制作サイドの術にハマってしまったということか~(汗)
 そうであれば、まいったとしかいいようがない。
 出演は濱田岳と瑛太。
 濱田はダメ男をやらせておくと、やっぱり日本一だなと実感!
 共演には関めぐみ(B78-W58-H83)、松田龍平、大塚寧々(B80-W53-H83)。 原作は伊坂幸太郎の小説だが自分は未読。
 おそらく、この話は小説だから成り立つ話だと思うが、それがこうやって映像化されているのが凄いことだと思う。
 ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」が重要な楽曲として使われているが、正直、自分はボブ・ディランに全く思い入れはない。
 しかし、歌詞と映画の内容がうまくシンクロして最後は盛り上げる。
 おそらくもう一度観ると、もっと色々楽しめる映画で、観た人と話が盛り上がると思う。

  ↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「ジュラシック・パークⅢ」 | トップページ | 「ルネッサンス」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15979111

この記事へのトラックバック一覧です: 「アヒルと鴨のコインロッカー」:

» 「アヒルと鴨のコインロッカー」ブータンに行きたい! [soramove]
「アヒルと鴨のコインロッカー」★★★☆ 瑛太、関めぐみ、濱田岳主演 中村義洋監督、2007年8月7日 この映画で何が言いたいのか、 そんな事とは別に 話の中にブータンからの留学生が出てくる。 言葉も話せず、 もちろん文字も読めない、 日本人は案外冷た...... [続きを読む]

» 【2007-107】アヒルと鴨のコインロッカー [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 神さま、 この話だけは 見ないでほしい。 『誰かが来るのを待ってたんだ。一緒に本屋を襲わないか。』 ボブ・ディランを聴きながら誰かを待っていた男 引越し直後、本屋襲撃に巻き込まれてしまった男 二人が出会うとき....... [続きを読む]

« 「ジュラシック・パークⅢ」 | トップページ | 「ルネッサンス」 »