2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「怪談」 | トップページ | 「彩恋」 »

2007年8月22日 (水)

「アズールとアスマール」

Azuru  昔、ジブリが関係している「チンポ丸出しのアニメ」がある聞いて観にいったのが「キリクと魔女」で、まあアフリカの原住民の話なので当たり前なのだが、「アズールとアスマール」は同じミッシェル・オスロ監督の作品。
 ヨーロッパの領主の子アズールとアラビア人の乳母の子アスマール。
 身分は違うものの兄弟のように仲良しの2人だが、アズールは寄宿学校に入ることになり、アスマールは母親と城から追い出されてしまった。
 寄宿学校から戻ったアズールは、乳母の子守歌に歌われていた「ジンの妖精」を探しに、海を渡る・・・・・・。
 実は最初、あまりにもベタな御伽噺っぽい展開と独自のテンポ、妙にリアルな登場人物の顔が少し気持ち悪くもあり、これは失敗したか?と思ったが、そのうちに慣れてくると意外に面白くなってくる不思議な映画。
 というか、よく見るとアズールもアスマールも結構美少年で腐女子の皆さんには絶好の素材だったりする。
 自分は宮殿に幽閉されているシャムスサバ姫の動きとキャラの立ちっぷりに感動!
 特に天文台のシーンは良い。
 独自の色使いも、これはこれでありだと思ってしまう。
 正直、今の日本のアニメに見慣れていると辛い人もいるかもしれないが、こういうのもあるということで観ておくのもいいかもね。

↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「怪談」 | トップページ | 「彩恋」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16197679

この記事へのトラックバック一覧です: 「アズールとアスマール」:

« 「怪談」 | トップページ | 「彩恋」 »