2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ベクシル 2077 日本鎖国」 | トップページ | 「阿波DANCE」 »

2007年8月29日 (水)

「レッスン!」

Lesson  自分はダンスはやらないが、見るのは好きで時々ホールとかにいくこともある。
 やはり生の迫力は違うが、編集でさらなる迫力を出しているダンス映画も好きだ。
 そんなわけで、ダンスのある映画は基本的に何も考えずに観にいく。
 「レッスン!」は、ニューヨークの不良高校生と社交ダンスの指導者との交流を描いており、ニューヨークの公立小学校で教育の一環に社交ダンスを取り入れ大きな実績を挙げた実在のダンサー、ピエール・デュレインのエピソードが元になっている。
 実はタイトルだけ聞くと何の映画かわからず、お色気ムンムンの女教師が出てきたり、高校生の初体験話かなと思っていた。
 おそらく「プライベート・レッスン」とかその手の映画を想像してしまうのは、ある一定の年齢以上ではやむおえないだろう。
 調べてみてダンス映画だというのでダッシュで観にいったのだが、これまたヒップホップ系だと思っていたら、なんと社交ダンスだった。
 落ちこぼれ高校生がダンスを通して成長していくという正にベタなスポ根もので、まあ話は大体想像した展開で進んでいく。
 それに不思議と社交ダンスとなると、「Shall we ダンス?」と撮り方が同じになってしまうのは、あの映画がもはやひな型になっているからか?
 全編社交ダンスかと思えば、時々ヒップホップ系も入っているので、それなりにはダンスを満喫できる。
 ただ、先生が何故ダンスを落ちこぼれ生徒に教えることになるのかの理由があまり明確にわからないのだが、これって自分だけが理解できないだけ?
 ダンスの先生役にアントニオ・バンデラス。
 あの濃い顔に社交ダンスは似合わないし、どうも「デスペラード」や「マスク・オブ・ゾロ」のイメージが強いので、いつか銃を出すのではないかと必要のないドキドキ感があるのも困ったものだが、映画は全編良い先生役でした。

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ベクシル 2077 日本鎖国」 | トップページ | 「阿波DANCE」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16271355

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッスン!」:

« 「ベクシル 2077 日本鎖国」 | トップページ | 「阿波DANCE」 »