2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ラッシュアワー3」 | トップページ | 「ベクシル 2077 日本鎖国」 »

2007年8月27日 (月)

「Life 天国で君に逢えたら」

Life  1970年代は「ラストコンサート」や「ジョーイ」など難病物ブームがあったのだが、韓国映画の影響か、今や日本映画は難病物大会である。
 「Life 天国で君に逢えたら」は、2005年に癌のために亡くなった世界的プロ・ウィンドサーファーの飯島夏樹氏の半生を映画化したヒューマン・ドラマ。
 正直、この話だけでもうお腹一杯である。
 東宝はここ最近は難病物ばかりで、「そのときは彼によろしく」になると、無理無理な症状の病気で強引に話を進めていく。
 この映画も癌という難病物であり、正直またかという気持ちが強い。
 身内を癌で亡くしている自分としては、実話を元にしているとはいえ安易にネタになっているのは、あまり好きではない。
 実際に末期だと寝ているのが精一杯で、何故ドラマや映画の癌患者は、あれ程元気なのかが不思議だ。
 そうはいいながらも物凄くボーダーラインを低く設定して観たせいか、映画の内容としてはまあこんな程度かなという想定範囲内だった。
 世界的なウィンドサーファーになっている主人公もかつてはレースに勝てず貧乏生活を送っていたのだが、これも観ていると仕方ないかなと思ってしまう。
 物語は娘のナレーションで進行していくのだが、彼女が知らないようなエピソードもあって、常に彼女目線で話が進んでいくものではない。
 主人公の先輩ウィンドサーファーがいきなり白血病で死んだりしているのも唐突で、実話が元なのでそんなものですと言われたら仕方ないのだが、何かウィンドサーフィンの道具がプルトニウムか何かで動いているようで違和感がある。
 正直、ドキュメンタリーの方が伝わると思うし、劇映画になると安っぽくなってしまうから不思議だ。
 出演は主人公に大沢たかお、その妻役に伊東美咲(B83-W58-H87)。
 大沢は思った以上に良いが、伊東は・・・・・・まあいつも通りの演技だ。
 監督は「ただ、君を愛してる」の新城毅彦。
 病気物専門になるのか?
 サザンオールスターズの桑田佳祐が映画の主題歌を担当。
 海とサーフィンだからなのか知らないが、ちょっとベタすぎだよなあ。
 話はともかく海の映像はきれいなので、それだけが救いか?

Life_2   ちなみに自分の行ったシネコンだが、この映画のジャンルがコメディって・・・・・・まあ考え方によってはそうなのか?

↓↓参加しています。よろしくで~す↓↓
   

« 「ラッシュアワー3」 | トップページ | 「ベクシル 2077 日本鎖国」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16245329

この記事へのトラックバック一覧です: 「Life 天国で君に逢えたら」:

» Life 天国で君に逢えたら [映画人.net]
●Life 天国で君に逢えたらを見ました! 久しぶりにホロリくる映画を見てきました。 ウィンドサーファーの飯島さんという方の話ですが、ドキュメンタリー映画なので、素直に入りこめ... [続きを読む]

» 『Life 天国で君に逢えたら』 [cinema days 『映画な日々』]
 実在のプロウィンドサーファーで、38歳の若さで  癌でこの世を去った飯島夏樹の半生と、彼を  支え続けた家族の姿を描く。  個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』 [続きを読む]

» 【2007-124】Life 天国で君に逢えたら [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ふたりで 夢だけを追っていた─ 風のように過ぎた日々 余命3ヶ月 あまりにも残酷な命の期限 真実の物語 最期の瞬間(とき)まで、パパはいつも微笑んでいた。 ... [続きを読む]

» Life 天国で君に逢えたら(2007年、日本) [泉獺のどうでも映画批評]
監督:新城毅彦主演:大沢たかお、伊東美咲原作:飯島夏樹『天国で君に逢えたら』『ガ [続きを読む]

» 風を感じて…☆『Life 天国で君に逢えたら』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
アウトドア派じゃない私でも名前だけは知っていたプロ・ウィンドサーファーの飯島夏樹さん。 そんな彼が肝細胞癌と向き合い、家族に支えられ38歳という若さではあったけれど、精一杯生き抜いた姿を描いた作品。 夏樹を演じた大沢たかおの演技はいつもながら素晴らしかった...... [続きを読む]

« 「ラッシュアワー3」 | トップページ | 「ベクシル 2077 日本鎖国」 »