2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「天然コケッコー」 | トップページ | 「ラッシュアワー3」 »

2007年8月25日 (土)

「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」

22sai  1977年~1981年頃は「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」の映画化など、正に松本零士全盛期だった。
 しかし、すっかりブームが終わって、20年以上経過しているのにも、かかわらず、この人の漫画の体質は昔のまんまであり、今の時代にあの泥臭い絵や泥臭い展開をやられても、多くの人はドン引きだろう。
 かつてブームの洗礼を受けて、朝から劇場の前に行列を作って「宇宙戦艦ヤマト」を観た世代である自分でさえも、コピーを貼っているだけで、いつの間にか雑誌自身が消えてしまった漫画版の新しい「宇宙戦艦ヤマト」や、未完成で続編がない「銀河鉄道999」の劇場版である「エターナルファンタジー」を観る限り痛々しさを感じる。
 ここまで来ると、もはや完成された伝統芸なんだろうなあ。
 そして、実写で同じようなことをしているのが大林宣彦である。
 「22才の別れ」は、伊勢正三の名曲を題材に、母と娘の二代に渡る純愛物語で、いわゆる歌謡映画である。
 カメラが傾いていたり、お馴染みの俳優達、こっ恥ずかしいセリフ、あまりにもベタな展開など相変わらず大林節全開で、これでもOKの時代や空気もあるのかもしれないが、今や明らかに一人よがりで、ズレまくっている気がする。
 「転校生 さよならあなた」といい、大丈夫か?>この監督。
 今、宇宙戦艦ヤマトを復活させたところで痛々しいものがあるが、この映画も正に痛々しい。
 おそらく、ファンというよりもっとヘヴィーな信者相手の映画で、「待ってました、岸部一徳」とかいいながら楽しむしかない映画なんだろうなあ。 これでは、正に松本先生状態で、おそらくお約束の世界を楽しむしかないんだろうなあ。
 出演は筧利夫、清水美砂(B81-W58-H83)なのだが、自分の行った劇場のせいなのか、筧のセリフが聞き取れない。
 大林映画で毎度お馴染み、今回の新人もいるのだが、正直、全くかわいくない。
 いやはや、大林監督はもはや趣味の世界の人で、それが時代とシンクロしないとダメなんだろうなあ。

↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「天然コケッコー」 | トップページ | 「ラッシュアワー3」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/16228767

この記事へのトラックバック一覧です: 「22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語」:

» 【2007-118】22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語 中村美玲 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 伊勢正三の名曲に乗せて紡ぐ、 母娘二代に渡る あまりに切ない『日本の』恋の物語 切ないけれど、情熱に出逢う。 [続きを読む]

» 22才の別れー葉見ず花見ず物語ー [Art Mill あーとみる]
22才の別れHP http://www.22saino-wakare.com/ 「22才の別れ」。僕らの世代はこの唄とともに人生がある。70年代、何が何だかよく解らず、でもそんなに必死に生きたかとは言えず、ど [続きを読む]

» 22才の別れ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  伊勢正三の名曲にのせて、母娘二代にわたる恋愛を、パラレルに描いてゆく大林映画である。この作品の舞台は大分県の津久見であるが、「瀬戸内三部作」同様「大分三部作」シリーズの第二巻目にあたるという。 それにしても大林監督は細い坂道と海が好きだよね。そ... [続きを読む]

» 映画「22才の別れ」Lycoris葉見ず花見ず物語を観ました!!(2007-11) [馬球1964]
映画「22才の別れ」を観ました!!2007年の第11作目です。あ〜なたにのフレーズでお馴染みのフォークソング、懐かしいですね〜 [続きを読む]

» 22才の別れ Lycoris葉見ず花見ず物語 [シネクリシェ]
 大林宣彦にとっての世界観は、ノストラダムスの大予言にあるように、世界は21世紀を迎える前に終焉を迎えるべきものだったとのことなのでしょうか。  こういう感慨は、終戦後に天皇が発した人間宣言でよき時代... [続きを読む]

« 「天然コケッコー」 | トップページ | 「ラッシュアワー3」 »