2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「キューティーハニー」 | トップページ | 「ダイナソー」 »

2007年7月17日 (火)

「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」

Pokemoso  ポケモン映画は今年で10周年らしい。
 そういえば1作目公開の時は異常な客の入り方で、当時シネコンがあまり普及していなかった時で、劇場の前で係の人が「立ち見も無理です。整理券を受け取って下さい」と説明していた。
 その整理券も朝もらっているのに、夕方の回という凄まじいものだった。
 あれから10年。
 当時の子供も今やポケモンよりも女に興味のある年齢になっているだろう。
 そう考えながら、1作目公開当時は既に子供でもない自分が、観てきましたよ。
 さすがに全盛期程ではないが、半端じゃない客入り!
 しかし、集客の最大の要員はニンテンドーDS(もしくはDS Lite)とニンテンドーDS用ソフト「ポケットモンスター ダイヤモンド」または「ポケットモンスター パール」を持っていくと劇場で幻のポケモン「ダークライ」がもらえるからである。
 仕組みはよくわからないが、劇場でワイヤレスでデータを配信しているらしい。
 一応、映画の始まる前か、終わった後に客席でもらうことになっているのだが、当然、子供はバカなので言うことを聞かず・・・・・と思ったら意外にDSを使っている子供は自分の周りにはいなかった。
 むしろ、親の携帯の方が気になるくらいで、やっぱりニャースが注意しているだけはあるわ。
 本編が始まるまえに、絵のコンテストの発表があるのだが、小学六年生部門って、普通あれくらいの年齢ってポケモン卒業の歳じゃないの~?
 コロコロ部門ってひょっとして大きなお友達用?
 コンテストの結果発表が終わると本編である「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」スタート!
 つうかタイトル長すぎ!
 ダイヤモンド・パールって、昔の洗剤のプレゼントを思い出す奴は明らかに35歳以上だぞ!(金・銀・パールプレゼントってやつね)
 おかしな現象が起こる街に、ダークライが現れ、
 ダークホールという技で、町の人々を次々と眠らせてしまう。
 一方、上空では、ディアルガとパルキアが戦いをくり広げていた。
 科学者トニオは、「果てしなく続く神々の戦い…残された希望は“オラシオン”に…。」という予言を発見!
 サトシは、この街をすくえるのか!?果たして“オラシオン”とは一体何なのか?
 てな話で、どちらかというとゴジラやガメラみたいな巨大怪獣物になっていてそれなりに迫力があって面白い!
 怪我をした奴を少女が救うという図式は「カリ城」の若きルパンとクラリスになるのは狙っているというより定番か?
 あと、ポケモン勝負って、町中でするんだけど、火を出したり10万ボルトの電流とか被害大きくないか?と考えるのは、10作目にして大人の考えか?
 声の出演で加藤ローサ(B83-W58-H85)が出演しているのだけど、あまりうまくない。
 中川翔子(B84-W58-H84)は、あまりセリフがない。
 石坂浩二は言われないとわからないなあ。
 それに毎回、出すぎじゃない?>幻のポケモン
 自分が観ている時に新潟中越沖地震が発生しているのだけど、ちょうどディアルガとパルキアのバトルの真っ最中で気づかなかった。
 台風やら地震やら今の日本はおかしいぞ。

↓↓参加しています。よろしくお願いします↓↓
   

« 「キューティーハニー」 | トップページ | 「ダイナソー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15783689

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」:

« 「キューティーハニー」 | トップページ | 「ダイナソー」 »