2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アパートメント」 | トップページ | 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」 »

2007年7月 8日 (日)

「アドレナリン」

Ado  普通、アクション映画といえば、アクションをさせるための理由というのが必要なわけなのだが、それが意外にさじ加減が難しい。
 あまり複雑な話だとアクションが楽しめないし、単純すぎるとアクションを起こす起爆剤にならない。
 一番良い見本はやはり、香港のカンフー映画で、「殺された師匠の仇を討つ」というのが、感情移入がしやすく、すぐに物語に集中しやすい。
 「アドレナリン」は、ブルース・ウィリスに代わり、最もアクションができるハゲのジェイソン・ステイサムにアクションをさせるための映画である。
 話はシンプルすぎるくらいシンプルで、「アドレナリンを出し続けないと死んでしまうという毒を盛られた主人公が、解毒剤を手に入れようと、むやみやたらに興奮し続けながら犯人探しに奔走する。」というもの。
 そのため、最初から最後までテンション上がりっぱなし。
 いやはやもう真剣にバカな映画で、賛否両論以前に正直くだらないといえばくだらない。
 アクションというより、どちらかというとコメディであり、映画以上に観客もアドレナリンを出し続けていないと、我に返って冷めてしまった時点で負けだ。
 「トランスポーター」ではクールな役だったジェイソンも、この映画ではむやみやたらと熱い奴で、尻を見せながら走ったり、公衆の見守る中セックスしたり、フェラをしてもらいながら車の運転&銃撃戦をしたり、病院やショッピングモールでは無関係な人達に迷惑かけまくり状態!
 そりゃあR15指定も当然なわけで、この映画の影響で中学生が公衆の見守る中でセックスしたり、病院やショッピングモールで撃ち合いしたらダメだよなあ。
 一応、ジェイソン扮する主人公は、殺し屋をやめて恋人と静かに暮らそうと思っているみたいなのだが、言っていることとやっていることが、これ程ズレている奴はいない。
 それに恋人も金髪でキャーキャー言っているだけで、今の時代こんな役も珍しい。
 一番面白いのは上空からの映像にGoogle Earthを使っていることで、タイアップかどうかは知らないが、これは画期的だと思う。
 最後はなんじゃこりゃあ!なんだけど、最後ゲームオーヴァーという文字が最後の最後に出てくるのでゲーム的なものならありなのだろう。
 自分の観にいった劇場は人が少なく、カップル客は特にいない。
 やっぱり男一人で観る映画なのか?

 ↓↓参加しています。よろしくお願いします↓↓
   

« 「アパートメント」 | トップページ | 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15686355

この記事へのトラックバック一覧です: 「アドレナリン」:

» 【2007-97】アドレナリン(CRANK) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 組織に裏切られたスナイパー この男の心臓に仕掛けられたのは死への時限装置(中国製毒薬)。 タイムリミットは1時間。 生き残る方法は、ただひとつ。 アドレナリンを出し続けろ 死にたくなければ、 テンションを上げろ! ...... [続きを読む]

» アドレナリン [小部屋日記]
CRANK(2006/アメリカ=イギリス)【試写会】 監督:ネヴェルダイン 、テイラー 出演:ジェイソン・ステイサム/エイミー・スマート/ホセ・パブロ・カンティージョ/エフレン・ラミレッツ/ドワイト・ヨーカム/レノ・ウィルソン 久しぶりに試写会にいってきました〜 「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサム主演。 スナイパーの心臓に仕掛けられたのは死への時限装置。 アドレナリンを出し続けないと、即、死亡!! めまぐるしい映像とアクションで、観客もアドレナリン放出か!? と思いきや、ぎ... [続きを読む]

» 映画「アドレナリン」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「アドレナリン」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

» 映画「アドレナリン」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年49本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー監督デビュー作品。アドレナリンを出し続けないと死んでしまうという毒を盛られた主人公が、解毒剤を手に入れようと、むやみやたらに興奮し続けながら犯人探しに奔走する。ア...... [続きを読む]

» アドレナリン(映画館) [ひるめし。]
このスナイパー、アドレナリンを出し続けないと即、死亡。 [続きを読む]

» 「アドレナリン」描きたいただひとつを94分に凝縮、アイデアの勝利 [soramove]
「アドレナリン」★★★☆ ジェイソン・ステイサム主演 テイラー、ネヴェルダン共同監督、2006年、米英(94分) 殺し屋・シェブはある朝目覚めると、 宿敵に毒を注射されていた。 なんでもドレナリンを体内に出し続けないと 一時間で毒が回って死ぬと聞き、...... [続きを読む]

» アドレナリン"Crank" [CinemaLovers〜劇場公開映画情報ブログ]
心臓に仕掛けられたのは死への時限装置。 このスナイパー、アドレナリンを出し続けないと 即、死亡。 ■公式サイト アドレナリン 英語オフィシャルサイト フランスオフィシャルサイト ドイツオフィシャルサイト ■スタッフ・キャスト 監督・脚本:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー 出演 ジェイソン・ステイサム エイミー・スマート ホセ・パブロ・カンティージョ エフレン・ラミレッツ ドワイト・ヨーカム レノ・ウィルソン キーオニー... [続きを読む]

» ノンストップ・アクションに大爆笑♪♪映画 ☆『アドレナリン/CRANK』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『トランスポーター』での寡黙でダンディな役とは一転、ぶっ飛んでる殺し屋シェブを熱演してるジェイソン・ステイサム。 解毒剤を探しつつ、アドレナリンを上げ続けるためにドラッグ、ケンカ、カーチェイス、果ては街中で恋人とエッチまでしちゃう!! そんな生き残りをか...... [続きを読む]

» アドレナリン [シネクリシェ]
 原題『クランク』としてこの作品を知ったのは半年近く前の「映画秘宝」誌(2007年2月号)で、町田智浩氏による見事な紹介文(全文掲載したいくらいのものです)により、今年のぜひとも観たい作品の1つとして... [続きを読む]

» 「アドレナリン」 [Tokyo Sea Side]
アドレナリンを出し続けないと死んでしまうという毒を盛られた主人公。興奮を余儀なくされた主人公が解毒剤を求めて突っ走ります。“死にたくなければテンションあげろ! ”…という宣伝が何やら楽しそうで観に行ったのですが、想像してた映画とはちょっと違いました。コメディ入ったアクションを期待していたのですが、痛い・グロイ・エロイの3連発。それもムダに。品がないのはちょっと…。ただ上映時間は短いしノリノリの音楽のおかげで退屈はしませんでした。好き嫌いが分かれそうな作品ですね。... [続きを読む]

» ★「アドレナリン」 [ひらりん的映画ブログ]
今月は、どうも「109シネマズ川崎」での上映作が気になるひらりん。 2本まとめて見てきちゃいました。 その1本目。 [続きを読む]

» アドレナリン(@_@;)止まったら死ぬ、ジェイソン・スティサム! [銅版画制作の日々]
かなりクレイジー 7月13日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「トランスポーター」シリーズでお馴染みのあのジェイソン・スティサム主演のかなり、ハイテンションアップの凄い映画だ 舞妓は〜〜んの阿部サダヲも負けかもね。 その男の名前はシェブ・チェリオス(ジェイソン・スティサム)、名だたるスナイパー(殺し屋)だ。チェリオスは予想もしなかったモーニング・コールで目を覚ました。ところが、意識がもうろうとし心臓の鼓動が今にも止まりそうでほぼ動くことが出来ない。やっとのことで出たの相手は、街のチンピラ、リッキー... [続きを読む]

« 「アパートメント」 | トップページ | 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」 »