2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アドレナリン」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 »

2007年7月 9日 (月)

「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」

Huji  イルカといえば、昔「フィンピーとぼく」って漫画あったよなあ。(遠い目)
 上映中についつい思い出してしまったよ。
 原因不明の病気で尾びれを失ったバンドウイルカのための人工尾びれの実現に奔走した一人の青年獣医の物語で実話の映画化。
 イルカの尾びれの話と同時進行で、母親に捨てられたと思い学校にいかない少女の話や主人公の遠距離恋愛の話が進んでいく。
 とことが、これらのエピソードが意外にも中途半端で必然性がなく、とってつけたような感じで、むしろイルカの話を中心にした方が良かったのではないかと思う。
 おそらく人工尾びれを作るのに相当な苦労があったと思うのだが、この映画を観る限り実は結構簡単にできたとしか思えない。
 これだったらむしろ、映画公開前に「少年マガジン」に載った漫画の方が遙かに面白い!
 確かにそうなると「プロジェクトX」になってしまうのだが、演出の仕方ではないかと思っている。
 まあ基本的に日本映画はプロフェッショナルの話を描くのはうまくないからなあ。
 主演は「デスノート」の松山ケンイチ、共演はアーティスト名“みつき”で主題歌も担当している高畑充希(B82-W58-H83)。
 すいません、自分は最初彼女を男だと思ってましたよ。
 あと久しぶりに永作博美(B82-W58-H84)を見たけど、ちょっと老けたよなあ。
 監督は前田哲。
 そういえば、「陽気なギャングが地球を回す」ってそんなに面白くなかったなあ。
 基本的には面白い映画ではないのだが、今年は「大日本人」を観た後だと、意外にどんな映画も普通に観ることができるから不思議だ。

↓↓参加しています。よろしくお願いします↓↓
   

« 「アドレナリン」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15699080

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」:

» 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]           2007/07/07公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 癒し度[:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】前田哲 【脚本】川嶋澄乃/松本稔/前田哲 【原案】岩貞るみこ 『もういちど宙(そら)へ』(講談社刊) 【時間】105分 【出演】 松山ケンイチ/高畑充希/西山茉希/永作博美/山崎努/池内博之/坂井真紀/利重剛/田中哲司/上間宗男 <ストーリー> 沖縄美... [続きを読む]

« 「アドレナリン」 | トップページ | 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 »