2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「アトランティス 失われた帝国」 | トップページ | 「ルパン三世 霧のエリューシヴ」 »

2007年7月27日 (金)

「パール・ハーバー」

Pealharbor  すいません、面白かったです。
 
 映画ファンまたは日本人としてはこきおろすべき作品であると思うのだが、あまりにも異常に評判が悪過ぎて、ボーダーラインを低くしすぎたのかもしれないが思った以上に悪くなかったというのが本音!
 本当なら公開当時はスピルバーグとキューブリックの映画である「A.I.」を褒めて、単なる見せ物小屋映画のブラッカイマー&ベイの「パール・ハーバー」をたたくのが映画ファンの正統派であるべきだろう。
 しかし、あえてカミングアウトすると盛り上がりがない「A.I.」よりも、いかにもなメリハリのついた「パールハーバー」の方が自分は面白かった。
 真珠湾攻撃を題材にした時点で日本が敵になるのは当然で、そこに嫌悪感を持つ人がいるかもしれないが、それって仕方ないんじゃないの~?
 それ言ってたらドイツなんかもはや絶対的に悪だし、007を出すまでもなく冷戦時代のスパイ物の敵ってソ連ばっかで、おそらくドイツ人やロシア人って結構いや~な気持ちなんじゃないのかなあ。
 今まで色々配慮されていたのかもしれないが、面と向かって日本が敵だという映画が多くないのにちょっと驚いているくらいだ。
 でも実際はありえるよなあ。
 ただやっぱりドイツ、もっといえばナチがあまりにも絶対悪でそれは誰しも認めることだから誰も文句言わないんだろうなあ。
 おそらくツッこまれるだろう史実と違うところや日本の描き方だが、まあ史実を元にした映画で必ずしも真実を描くものではないということで良いのではないか。
 日本人の描き方?我々も外国のことなんかよくわからないのに、アメリカ人が日本のことなんか知るわけがない(「007は二度死ぬ」なんてその最たる例)
 ましてや50年以上も前の話だ。
 日本の作戦会議が外で行われて周りにのぼり旗がはためき、凧上げをしている子供がいる。
 そんなわけねえだろうと思うのは簡単だが、自分は外国の想像する日本のイメージなんだろうなあと思った。
 まあ史実と違うとか言えるのだが、正直自分はその当時生きていないので何が正しいかはさっぱりわからない(想像すればわかるのもあるが・・・・・・)
 今までの映画やTV、本などを見ての知識でしかないのだ。
 この映画の最大の見所は約40分もある爆撃シーンである。
 というかそれしかない。
 その中でも自分が感動したのは、爆弾が甲板を突き破り艦の中に入り込み爆発するところだ。
 艦が「へ」の字に曲がって爆発するところに妙な芸の細かさを感じた。
 日本の違和感のある描き方、口紅真っ赤などう考えてもナースパブのホステスにしかみえない看護婦など「なんじゃこりゃ」と思うところもあるが、史実を元にしたSFとして見ればそれなりに楽しい。
 しかし、だからといってこの映画が全面的に面白かったかといえば、当然のようにそうでもなく、ボーダーラインが低すぎたので思った以上には面白かっただけでしかない。
 この映画の最大の問題は誰しも指摘するだろう上映時間である。
 理想としては2時間以内もしくは長くても2時間30分だろう。
 制作側として「タイタニック」は3時間でも当たったというかもしれないが、あれは特別な例であって、それを指針にするのは危険だ。
 これは日本で「踊る大捜査線」が当たったからドラマの映画化が当たると思って「GTO」やら「サラリーマン金太郎」やら作っているのと同じである。
 基本的には「踊る大捜査線」が特別なだけなのである。
 理想としては奇襲シーンを中心に2時間以内なのだが、そうすると「単なる爆発シーンの寄せ集め」とか「ドラマがない」とか「戦争をおもちゃにしている」とか言われるのは火を見るよりも明らかで、特に戦争をテーマにした場合、本当は徹底した戦闘シーンが売り物だよ~んと言えればいいのだが、そういうわけにもいかないのでもっともらしいドラマを入れなくてはならなくなる。
 ここらへんだよなあ。
 「ジュラシックパーク」の時に「人間ドラマがない」とか叩かれていたが、あれだって本来は恐竜を見せるのが目的であって人間ドラマ云々というのはちょっと違うと思うわけ。
 あれで人間ドラマもじっくり描いていたらやはり上映時間はとことん長いだろうなあ。
 いやもちろんうまく人間ドラマも盛り込んでそれなりの時間にまとめることだって可能だろう。
 「ジョーズ」はその良い例ではなかったか?
 どちらにしろ叩かれるべくして叩かれている映画であるのは制作側もわかっているはずだ。
 あの事故のあったハワイの沖合での試写会だって大顰蹙なのはわかっている。
 でもそれでもやるのは話題性が大きいからだ。
 結局話題になってるよね?
 色々用意周到なのだが、アメリカではあまり当たってないようだし、日本では良い評価を得るのはちょっと難しいだろう。
 まあとにかく自分は1800円払ってしまって3時間以上時間を費やしてしまったので面白くないとか不快でしたじゃ困るわけなんよ。
 一応それなりに面白いところがあっただけでも自分的にはOKなのさ!
 
   ↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「アトランティス 失われた帝国」 | トップページ | 「ルパン三世 霧のエリューシヴ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15919853

この記事へのトラックバック一覧です: 「パール・ハーバー」:

« 「アトランティス 失われた帝国」 | トップページ | 「ルパン三世 霧のエリューシヴ」 »