2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 | トップページ | 「劇場版 ゼロ・ウーマンR警視庁0課の女/欲望の代償」 »

2007年7月11日 (水)

2006年外国映画ベストテン

 そういえば、2006年の映画ベストテンを考えてなかったことが発覚!
 まあ時期的には2007年の上半期の時期なのだが、半年近く経過して、冷静に去年の映画を振り返るというのも悪いものではない。
 そんなわけで、今回は外国映画ベストテンを発表!
 基本的に自分は外国映画はあまり観ないので偏っている。
 それに自分の中の外国映画のイメージと期待は、アメリカ映画はドンパチと爆発、香港映画はカンフー、韓国映画はベタ、イタリア映画は年上の女性との初体験なんだよねえ。

  1. 「リトル・ミス・サンシャイン」
  2. 「硫黄島からの手紙 」
  3. 「クラッシュ」
  4. 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
  5. 「グエムル 漢江の怪物」
  6. 「トランス・アメリカ」
  7. 「マッチポイント」
  8. 「ホテル・ルワンダ」
  9. 「キンキーブーツ」
  10. 「007/カジノ・ロワイヤル」

 いや~やっぱり10本選ぶのきついわ。
 1位の「リトル・ミス・サンシャイン」は上映時間の適度さといい、予算もそれ程かかってないようにみえるけど、アイディアのうまさとか、最後は暖かい気分になれるという点ではダントツである。
 「硫黄島からの手紙」は日本人側からの戦争映画を外国人が作っているのに違和感なし。
 それ以上にベタな展開でないところが良い。
 これが日本だったら、絶対に戦時中なのに「戦争反対」と声を高くして叫んでいる可能性が大きい!
 「グエムル」はベタな恋愛韓国が多い中、ゴジラとは違った怪獣映画を作ってしまったのが見事!
 「WXⅢ」が実写化したらこうなるだろうなあ・・・・・・っていやみか?
 「007」は心配だったシリーズが何とか復活したということで!
 

  ↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   

« 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 | トップページ | 「劇場版 ゼロ・ウーマンR警視庁0課の女/欲望の代償」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15720161

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年外国映画ベストテン:

« 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」 | トップページ | 「劇場版 ゼロ・ウーマンR警視庁0課の女/欲望の代償」 »