2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 「ピアノの森」 »

2007年7月21日 (土)

2006年日本映画ベストテン

 当然、外国映画のベストテンもがあれば、日本映画のベストテンもあるわけで、2006年は意外に日本映画が豊作の年だった。
 2007年も半ば越えて、何を言っているんだ?と言われそうだが、やっぱり年末とかにベストテンを考えるとついつい、世間の風潮に流されてしまうので、ここですっかり昔となった去年のことを冷静に考えることは大切だと思うぞ。(自分だけ?)

 1. フラガール
 2. 虹の女神Rainbow Song
 3. シムソンズ
 4. 嫌われ松子の一生
 5. 時をかける少女
 6. 雪に願うこと
 7. ゆれる
 8. 手紙
 9. THE有頂天ホテル
10. デスノート前編後編


 いやはや「フラガール」は稀にみる傑作で、まさに良い脚本と良い演出の見本!
 ついつい調子こいて2回観にいったのだけど、時計を観て確認していたら、ちょうど半分あたりで、友達がフラダンスをやめて別れるところという一回目の盛り上がりが作ってあり、その計算に妙に感心したのを覚えている。
 「虹の女神」はかつての8ミリ映画青年には涙なくして観ることができない。
 「シムソンズ」はカーリングのルールをわかりやく説明しているのに感心した。
 そしてあまりにも正統派スポ根なのにもかかわらず、きちんとした青春映画にもなっていた。
 「嫌われ松子の一生」は、その情報量の多さに驚いた。
 だけど、話的には悲惨ではない分「下妻物語」の方が好きかな。
 「時をかける少女」は絶対的な大林版とは違った、アニメならではの特性を生かしたものだった。
 「雪に願うこと」は演出のうまさとそれに答える出演者の演技力に良き融合があったと思う。
 「ゆれる」は本編の良さは当然だが、監督の妙にあか抜けしているところに注目したい!
 「手紙」はベタだけどOK!(沢尻の関西弁を除く)
 「THE有頂天ホテル」は、こういうお祭り映画はいいと思うけど、一人バカ騒ぎの映画は勘弁してほしい。
 「デスノート」は前編・後編で1本扱い。
 名前を書くと人が死ぬという子供の噂話みたいなものを、緊迫感ある展開にしたのは見事!
 
 あと、ベストテンには入らないものの、意外な拾い物として以下の作品を上げたい。

      「痴漢男」
      「あおげば尊し」
      「かもめ食堂」
     「ラブ★コン」

 この中でも「痴漢男」は「電車男」の便乗作品といえばそれまでなのだが、意外にきちんとした恋愛物だったのでびっくりしたが、タイトルとあまりにも公開館数が少ないため、その存在自体が知られていない不幸な映画だったりする。
 あ~もちろん、2007年のベストテンは年内もしくは年明けには出すようがんばります。

 ↓↓参加しています。世露死苦!!↓↓
   


« 「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 「ピアノの森」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15828435

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年日本映画ベストテン:

« 「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 「ピアノの森」 »