2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | 「アポカリプト」 »

2007年6月22日 (金)

「キサラギ」

Kisaragi  焼身自殺をしたマイナーなグラビアアイドル一周忌のオフ会に集まったの5人の男たち。最初は自慢話で盛り上がるが、そのうちにの死の真相を巡って怒涛の推理を展開していく・・・・・・。
 ひとつの部屋の中で繰り広げられる密室劇で、日本映画では珍しいワンシチュエーション・ドラマ。
 大変面白い!
 何よりも脚本の勝利だと思う。
 この手の話は舞台が限定されている分、目一杯あれやこれやエピソードを詰め込まなくてはならない。
 謎が謎を呼び、ドンデン返しの連続、それでいてサスペンスなのに心温まる展開になっている。
 へたすると、へたなアクション映画より盛り沢山の内容になっている。
 正直、演劇じゃないかというツッコミを入れる人もいるだろうが、面白ければなんでもOK。
 自分は演劇を観るときは脳内カット割りをしながら観ているので、最初からカット割りしてある演劇系の映画は大歓迎!
 いや、それよりもどれだけでも場所を広げることができる映画で一つの場所で一つのネタで話をもたせることが、どれだけ難しいか考えれば、この映画の面白さがわかるだろう。
 ここ最近のお笑い芸人の映画よりは遙かに面白いと思う。(←ここ最近のつまらないの判断基準)
 残念なのは最後アイドルが顔出ししたことで、ここは最後まで顔出しせずに観客そそれぞれに想像させておく方が良かったのではないかと思う。
 出演は、小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之。
 全員個性的で面白いが、何となく小栗旬だけ美味しい見せ場を作っているような気がする。(特に最後の方)
 監督は「シムソンズ」の佐藤祐市。
 最後は続編を匂わせるが、あくまでネタだと思うぞ!

↓↓参加しています。よろしくお願いします↓↓
   

« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | 「アポカリプト」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15514932

この記事へのトラックバック一覧です: 「キサラギ」:

« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | 「アポカリプト」 »