2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「監督・ばんざい!」 | トップページ | 「ボルベール〈帰郷〉」 »

2007年6月 5日 (火)

「主人公は僕だった」

Shujiboku  ある日突然、自分の人生が人気作家によって執筆中の物語に左右されていることを知った男が、自分の人生を取り戻すために奮闘するお話。
 書いた通りに人が動くというと最近では「デスノート」、一昔前なら「ドラえもん」で「のび太」が「のび犬」になった話でお馴染みだが、この映画はそれら程面白くない。
 自分は典型的なアメリカンコメディだと思って観にいったら、やたらと展開が遅く、中盤あたらいへ結構ダレ気味!
 それに妙に真面目な話で、コメディでもなかった。
 結論から言うと全く面白くない。
 あ~しまったあ、ここ最近お笑い芸人の映画に引きつづきハズしっぱなしだよ。
 いや、どうして面白くないかというと、登場人物のキャラクターが立っていないし、人気作家の小説で人生が左右されるという設定のルールが明確化されていないので、観ていて感情移入がしにくい。
 そうなると、主人公の名前を変えればOKじゃん、とか主人公が大学教授に相談しているけど、これは小説家の操作範囲じゃないの?とか重箱の隅をつつきたくなってしまう。
 だから、小説家が何が何でも主人公が不幸になる結末を書かなくてはいけない緊迫感が全くないのである。
 だからこそ、最後のオチもエスパーでなくても想像がついてしまう。
 つうか予告編で想像できてしまうから、もっといい意味で裏切ってほしい。
 主演のウィル・フェレルは有名なコメディアンらしいけど、この人も日本ではアダム・サンドラーと同じく知名度は低いよなあ。
 多くの人が思うだろうけど、石原良純に似ている。
 でも何気にダスティン・ホフマンとか大物が出演しているのもチェック!
 監督が「チョコレート」や「ネバーランド」のマーク・フォースターだから、やっぱりちょっと堅めの話になったと思うの偏見? 

     ↓↓↓↓参加しています↓↓↓↓
   

« 「監督・ばんざい!」 | トップページ | 「ボルベール〈帰郷〉」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/15318549

この記事へのトラックバック一覧です: 「主人公は僕だった」:

« 「監督・ばんざい!」 | トップページ | 「ボルベール〈帰郷〉」 »