2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「GO」 | トップページ | 「THE焼肉ムービー プルコギ」 »

2007年5月 8日 (火)

「Go!」

Tumaranai_go  ひぇ~まぎらわしい。
 同じようなタイトルで出演者にどちらも山崎努が出ていて、公開時期が同じとなれば絶対に間違える人が多いと思う。
 一応「!」がついているかどうかで判断するらしいのだが、「!」なんかどうやって言葉にするんだよ・・・・・・と思っていたら通は公開当時、東映の「GO」は「無印」と言っていたらしいが(本当か?)、それじゃあ「セーラームーン」だっちゅうの!
 高校2年の主人公が、ピザの宅配中に、年上の女性カメラマンのと接触し、彼女のレンズを破壊してしまう。
 彼女からお金の代わりにピザを届けてくれと言われて家を訪ねると、彼女は長崎に引っ越した後だった。
 じゃあ長崎まで行くしかねえだろっちゅうことで、スクーターで長崎にいく・・・…という話だ(詳しくは情報誌とか公式ホームページ参照)
 ずばり面白くない。
 まず主人公に共感が持てない。
 アルバイトは遅刻するし無断欠勤するというだけでもう自分的にはダメである。
 自分の職場にそんな奴がいたら有無を言わさず即効クビである。
 他のスタッフに対する影響を考えたら当然である。
 例えそれを差し引いたとしても、主人公の若さ故のがむしゃらさや勢いが感じられるかというとそんなものは皆無でひたすら主人公の馬鹿さ加減だけがクローズアップされるのである。
 東京から長崎までピザを宅配する。
 聞くと面白そうだし予告観ている分にはなんとなく面白そうなのだが、映画は全くといって面白くない。
 そもそもピザを運べるかどうか考えてみたらわかりそうなものだし、それでも運ばなくてはいけない思いと勢いがあればいいのだが、それが全く描かれていない。
 なぜなら彼が憧れる年上の主人公のキャラクターが明確に描かれていないし、どうして彼がそこまでの行動を起こすのかその起爆剤にはなっていないからだ。
 ちなみにカメラマンの彼女だが、壊されたカメラのレンズを弁償してもらいたいなら彼と交渉するのではなくて、彼の勤めている会社に乗り込んだ方が絶対に確実だぞ。
 また途中に出てくる謎のハーレー男である山崎努だが、全く不必要なキャラクターで狂言回しにもなっていない。
 時々出てくるギャグも全然笑えない。
 「仕事は?」と聞かれて「バイク乗り」と答えると「無職ね」と言われてしまうのは唯一笑えるが、同じようなものにサーファー、ダンサーなどがあるんだろうなあ。
 冒頭に季節がクリスマス一色であることをみせるために、街の様子を見せるのだが、カメラが揺れ捲っていて、さらにへたくそなズームバックばかりで観ていて大変気持ちが悪い。
 とにかく面白くないので、この作品は「つまらない方」と言わせてもらう。

   ↓↓↓↓参加しています↓↓↓↓
   

  

    
    

   

« 「GO」 | トップページ | 「THE焼肉ムービー プルコギ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/14993100

この記事へのトラックバック一覧です: 「Go!」:

« 「GO」 | トップページ | 「THE焼肉ムービー プルコギ」 »