2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「そのときは彼によろしく」 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎」 »

2007年4月28日 (土)

「クィ-ン」

Yorosshiqueen  ダイアナ元皇太子妃の突然の事故死という事態に、その対応に苦慮する英国王室の内幕に迫る実録政治ドラマ。
 MI6による暗殺説などダイアナ元皇太子妃の死の真相を追究していく話かと思いきや、実はイギリス王室を舞台にした壮大なホームドラマだった。
 離婚した息子の嫁が事故死してしまい、もう他人だから関係ないのに、近所の人から薄情だと言われ評判が悪くなってしまう・・・・・・というような話を国家レヴェルにしているのだ。
 確かに当時、イギリス王室は非難轟々だったが、言われてみれば民間人になっているダイアナ元皇太子妃について、どうこう言われる筋合いはないのだが、世間の風潮として王室=悪、ダイアナ元皇太子妃=悲劇のヒロインというイメージが強く、その背景にはチャールズ皇太子の不倫があったりして、まあ自業自得なんだけどね。
 しかし、王室・皇室ネタというのは基本的にタブーで、描くとしても当たり障りのない状態が多いのだが、ここまで良くも悪くも描けてしまうのは凄いと思う。
 それに以前にブレア首相ってまだ現役なんよね。
 これが日本の皇室だったら・・・・・・いや言うまい。
 イメージ的にエリザベス女王は一人のイメージが強いのだが、エディンバラ公という旦那がいて、この映画にはきちんと出てくるのだけど、やっぱり影が薄い。
 実際はどうかわからないが、この映画の女王陛下は山の中を4WDで走ったりと結構活動的で、女王といえばニコニコして決まった返事をしているわけではないのが意外だった。
 山の中で一人泣くところは女王としての強気と人間的な弱さがうまく描かれていると思う。
 エリザベス女王役のヘレン・ミレン(B86-W56-H85←「としごろ」出演時)はアカデミー賞の主演女優賞をもらっているのだが、演技もさることながら、雰囲気が(写真やニュースでしか見たことないが)本物によく似ている。
 最後の子供が持ってきた花がダイアナ元皇太子妃へのものではなくエリザベス女王へのものだとわかった時の彼女の表情が良い。

          ↓↓↓↓参加しています↓↓↓↓
   

« 「そのときは彼によろしく」 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/14870186

この記事へのトラックバック一覧です: 「クィ-ン」:

« 「そのときは彼によろしく」 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎」 »