2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「劇場版Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん」 | トップページ | 「世界はときどき美しい」 »

2007年4月 6日 (金)

「あかね空」

Akannneesora  京から江戸に移った豆腐職人が深川育ちの娘と力を合わせ、大通りに店を構えるまでを描く話。
 原作は山本一刀だが、自分は未読。
 いや、正直ベタな話なんだけど、妙に演出のテンポがいいのと、出演者の演技で一気に見せてしまう。
 特に内野聖陽は豆腐屋と賭場の親分の二役なのだけど、すいません、最後まで気がつきませんでした。
 あはははは、アホで~す。
 だけど、彼の演技力がこの映画を左右するといっても過言ではないし、見事成功していると思う。
 豆腐屋の嫁役の中谷美紀(B85-W58-H87)は髪形のせいか妙に頭が大きく見えてしまうし、若作りに無理があったが、年とった役では違和感なし。
 あと、久しぶりに見たよ>岩下志麻(B85-W58-H87←「秋日和」出演時)
 話も行方不明になった子供が豆腐屋かと思わせといて実は・・・・・・という話展開も途中で予想できるが悪くない。
 また無理無理なこじつけではなくて、色々な形での「縁」というのが描かれていて、あとでじんわりと染みるものがある。
 基本的にこの映画って目茶苦茶悪人がいなくて、一応悪者の中村梅雀演じるライヴァルの豆腐屋もどこか憎めないところがある。
 ただ、残念なのは、中谷演じる豆腐屋夫人が長男を溺愛する理由というのがあっさり描かれており、実はそこをもっと描かないと彼女が長男のことになるとヒステリックになる理由が伝わらないし感情移入ができない。
 結婚に至るまでの見せ方はくどくなくてうまいと思ったのだけどね。
 この映画の見所の一つである江戸の町の再現は凄いのだが、時々いかにも合成しましたといわんばかりの場面が出てくるのが惜しい。
 
  よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「劇場版Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん」 | トップページ | 「世界はときどき美しい」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/14573219

この記事へのトラックバック一覧です: 「あかね空」:

» 【2007-47】あかね空 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
深川育ちのおふみ 京生まれの永吉 江戸の町に京の味 ふたりに夢が小さな奇跡を生んだ 夫婦だから許しあい 家族だからこそ助けあう 明けない夜がないように つらいことや悲しいことも あかね色の朝が包んでくれる 二人の夢、叶いますように・・・ ...... [続きを読む]

» 「あかね空」 [やまたくの音吐朗々Diary]
3月31日より公開される映画「あかね空」の試写。原作は山本一力の直木賞受賞作。監督は浜本正機。出演は内野聖陽、中谷美紀、中村梅雀、勝村政信、泉谷しげる、角替和枝、石橋連司、岩下志麻ほか。あたたかく見守ってあげたい、江戸情緒あふれる良作である。京で豆腐作りの修業を... [続きを読む]

« 「劇場版Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん」 | トップページ | 「世界はときどき美しい」 »