2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります! 」 | トップページ | 「アンフェア the movie」 »

2007年3月19日 (月)

「パフューム ある人殺しの物語」

Nihoi  18世紀、パリの魚市場で産み落とされたグルヌイユは驚異的な嗅覚を持っていた。
 青年に成長したある日、赤毛の少女が発する香りに魅了され、誤って彼女を殺してしまう。
 死と共に香りも消えてしまうことを知った彼は、香りを永遠にとどめておく方法を探るため調香師に弟子入りする。・・・・・・。
 「マリー・アントワネット」を観にいった時に、さあこれから絢爛豪華なフランスを満喫するぞと期待している時に、いきなり予告編で「18世紀のパリはひどく臭かった」と気分を萎えさせているのがこの映画である。
 だが、「マリー・アントワネット」よりも遙かに面白い!
 とにかくこの映画の面白さは先が全く読めないことで、最初は驚異的な嗅覚を持つ男が調香師になるまでのどてらい男な話かなと思いきや、途中で自分を求める香りのために殺人をやらかす猟奇的な話に突入!
 まさに人さえ食わなければ凄い人でお馴染みハンニバル・レクター博士と同じカテゴリーの人になってしまうが、最後はさらにとんでもない話展開!
 やたらと長い上映時間だが、話の展開が変わっていくので飽きさせない。
 いくらCGが発達していても匂いを表現するのは難しい。
 昔、「ポリエステル」という映画で、映画の進行に合わせて番号の匂いを嗅ぐというのがあったが、今の季節そんなのは花粉症で無理だし、そもそも面倒臭い!
 そうとなればいかに映像で表現して脳内で想像させるかが最大のポイントだが、この映画はそれが成功しており、特に最初の魚市場のシーンは目でわかる匂いの迫力に圧倒される。
 映画の方法で香水ができるかどうかはともかくハッタリのかませ方がうまいので、そうかなあと思ってしまう。
 ちなみに主人公の女の匂いの嗅ぎ方を見て、「純情クレイジーフルーツ」の花椿君だなと思った人は若者じゃないので、念のため。
 監督は「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ。
 そういえばあの映画でも赤毛の女の子が主人公だったし、赤毛好きなのは実は監督か?
  
 よろしくお願いします→人気blogランキングへ
  

« 「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります! 」 | トップページ | 「アンフェア the movie」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/14309757

この記事へのトラックバック一覧です: 「パフューム ある人殺しの物語」:

» パフューム~ある人殺しの物語~ [すみれ色の日常]
仕事をキッチリ5時で終わらせ、最高速度で着替えタイムカードを押し、すぐに車に乗って映画を見に行きました。ちょうど5時50分からの上映に滑り込む事ができました(自分でも、早っと思った)道も混み出す前で、運が良かったし、最近開通した道路のおかげでかなり時間...... [続きを読む]

» 映画「パフューム ある人殺しの物語」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。映...... [続きを読む]

« 「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります! 」 | トップページ | 「アンフェア the movie」 »