2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ゴジラ×メカゴジラ」 | トップページ | 「天国は待ってくれる」 »

2007年2月18日 (日)

「ドリームガールズ」

Photo_33  1962年のデトロイトでエフィー、ローレル、ディーナの3人は音楽での成功しようと、毎夜オーディションを受けていた。
 中古車販売会社のカーティスはそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、デトロイトで人気を誇るジェームズ・アーリーのバック・コーラスに抜擢する。
 3人は次々にヒット曲を放ち、トップスターになっていくのだが・・・・・・。
 ザ・シュープリームスをモデルにしたブロードウエイミュージカルの映画化。
 ポスターとか予告編を観て、ビヨンセが主役の話かと思ったら、実は共演のジェニファー・ハドソンの方が実は本当の主役ではないのかというくらい存在感があって歌がうまい。
 まあ映画の売りとしてはビヨンセを前面に出した方がいいというのはわかるのだけど、これじゃあ映画の中で見た目が悪いからという芸能界ならでは唯一許される理由でリードヴォーカルを下ろされた彼女の役柄と変わらない。
 ジェニファー・ハドソンがアカデミーで助演女優賞の候補にも上がっているのも納得できるし、個人的には菊地凛子(B83-W62-H85)よりも良かったと思う。
 あと、ビヨンセがクレオパトラの映画に出演するという話があったので、「ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ危機突破」のことかなと考えてしまった。
 それじゃあ、タマラ・ドブソンがモデルの映画だよなあ。
 監督は「シカゴ」の脚本家のビル・コンドン。
 話は物凄くシンプルなのだが、まあ基本的にミュージカルだから仕方ない。
 だから当然、いきなり歌いだしてしまうのだが、基本的にステージ上の展開が多いので、それ程違和感は感じない。。
 映画館のきちんとした音響設備で観ると迫力があるので、ミュージカルの展開に抵抗がない人向きかなあ。
 それとアメリカの黒人音楽の事情を知らないと面白さが少し欠けるかもね。
 
 よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「ゴジラ×メカゴジラ」 | トップページ | 「天国は待ってくれる」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13948446

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドリームガールズ」:

» 「ドリームガールズ」:新高輪プリンスホテル前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}新高輪プリンスホテルって、日本アカデミー賞の授賞式があったところだろ? {/hiyo_en2/}そう、みごとに「フラガール」が作品賞を獲ったわ。 {/kaeru_en4/}ところが同じガールでも、本家アメリカのアカデミー賞では「ドリームガールズ」は作品賞にノミネートさえされない。不思議だ。 {/hiyo_en2/}とてもよくできた映画なのにね。 {/kaeru_en4/}ノミネートされた「ディ�... [続きを読む]

» ドリームガールズ ★★☆☆☆ ビヨンセ エディマーフィ ジェニファーハドソン ジェイミーフォックス [映画 感想 評論 レビュー ぼやき 情報 DVD]
一時は今年のアカデミー賞本命とも目されていた作品 ところがフタを開けてみれば作品賞候補5本にも入れなかった 業界の駆け引きなのか、未だに残る人種的な問題なのか... と訝しがって作品を観てみれば、 何の事はない単に出来が良くなかっただけだとわかった ミュージカル映画ながら 革新的内容の「ムーランルージュ」、 ボブフォッシーを現代に復活させた「シカゴ」には遥か遠く及ばず、 失敗と言われる「RENT」「プロデューサーズ」でさえも 時間を経てもすぐに思い浮かぶいくつかの歌があるの..... [続きを読む]

» ドリームガールズ [悠雅的生活]
それぞれの夢。それぞれの挫折。それぞれの愛。 [続きを読む]

» ドリームガールズ [ネタバレ映画館]
男5人のコーラスグループがジャクソン5だとすると、あのチビちゃんはマイケル・ジャクソン!すると、そこでビヨンセにプロポーズしたのか・・・ [続きを読む]

» ドリームガールズ−(映画:2007年24本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローヴァー 評価:92点 公式サイト (ネタバレあります) 最高! 圧倒的な迫力で繰り広げられる歌の数....... [続きを読む]

» 【劇場映画】 ドリームガールズ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。やがて、デトロイトで抜群の人気を誇るスター、ジミー・アーリーのバックコーラスを務めることに。そんな3人はカーティスをプロデューサーに、ドリームガールとしてデビューを飾る。次々にヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たすが…。(goo映画より) 見ごたえ・聞きごたえたっぷりの映画でした。 これは是非大... [続きを読む]

» 「ドリームガールズ」見ました。 [ランチママの徒然日記]
いやぁ~凄かった!!同名のブロードウェイミュージカルを映画化したものですが、圧倒的な歌唱力にただただ驚くばかりです。最初、オーデションで3人が歌う場面があったのですがゾクゾクとしました。鳥肌ものです。「ザ・ドリームズ」の--栄光と挫折、喝采と中傷、女の友情と男の野望、そして愛--を描いたものですが、これは1960年代に活躍した「ザ・スプリームス(シュープリームス)」の伝記的映画と言われています。... [続きを読む]

» 【2007-27】ドリームガールズ(DREAMGIRLS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
才能もあり 情熱もある でもそれだけでは── 夢はつかめない 輝くために 失う何かがある しかし夢だけは── 永遠に生き続ける [続きを読む]

» ドリームガールズ [小部屋日記]
Dreamgirls(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督・脚本: ビル・コンドン 出演:ジェイミー・フォックス/ビヨンセ・ノウルズ/エディ・マーフィ/ダニー・グローヴァー /アニカ・ノニ・ローズ/ジェニファー・ハドソン/ジョン・リスゴー 本年度アカデミー賞最多ノミネート。 夢を追いかけた女性たちと、ショービス界の光と影を描いています。 ●ストーリー● エフィー(ジェニ�... [続きを読む]

» 「ドリームガールズ」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
先日公開した「ドリームガールズ」を観てきました。 コーラスガールの女性3人組の栄光の歩みと挫折を描いた物語で RBの魅力を余すところなく詰め込んだミュージカル映画。 「シカゴ」で脚本を担当したビル・コンドンが 監督と脚本を担当し、 コーラスガール役にはグラ..... [続きを読む]

» ★「ドリームガールズ」 [ひらりん的映画ブログ]
2007/02/17の劇場公開初日のナイトショウ(0:30〜)で鑑賞。 ブロードウェイミュージカルの映画化。 ひらりん、結構ミュージカル好きなので期待大。 オスカーも6部門に8ノミネートされてるしーーー。 [続きを読む]

» Dreamgirls(2006,U.S.) [The Final Frontier]
菊地凛子さしおいてアカデミー助演女優賞受賞したジェニファー・ハドソンって何者だ!? くらいの予備知識で観てきました。 エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人組は、コーラスグループ“ドリーメッ..... [続きを読む]

» ドリームガールズ [空想俳人日記]
魂を 抜けと言うのか ソウルから   まずは一言言っておきましょう。正直、期待はしてなかったのに、いたく感動してしまいました。ストーリーはいたくシンプルです。でも、もしアメリカ映画の真髄がエンターテイメントだとすれば、これこそ真のエンターテイメントではない... [続きを読む]

» ☆ 『ドリームガールズ / DREAMGIRLS 』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
アカデミー賞6部門8ノミネート&ビヨンセ、エディ・マーフィ、ジェイミー・フォックスの豪華キャスト――ってだけで、期待はどんどん高まって、早く観た〜〜い!!病に(笑) って事で、早速観てきました〜♪ 本作は、60年から70年代人気だった女性ヴォーカル・グループ、...... [続きを読む]

» 映画 ドリーム・ガールズ [よろず茶屋 ]
公開初日にレイトショーで鑑賞。 まさに!これぞエンターテイメント!!! これは映画館で観たい、まだ・・・という人にはぜひ観て欲しい映画だなーと思いました。 特に30代後半から40代(50代もかな・・・)の人がより楽しめる映画かなと。 モータウンが好きな....... [続きを読む]

» DREAMGIRLS/ドリームガールズ☆★ [銅版画制作の日々]
 DREAMGIRLS   1981年12月20日、NYのブロードウェイにあるインペリアル・シアターでオープニングを迎え、毎夜、スタンディング・オーベンションによる喝采を浴びた、マイケル・ベネット演出による伝説のミュージカル「ドリームガールズ」今回スクリーンに登場ブロードウェイ・ミュージュカル史上燦然とくこのショーは、4年間にわたり1521回の公演を記録したそうだその後世界各国で、上演され、82年にトニー... [続きを読む]

« 「ゴジラ×メカゴジラ」 | トップページ | 「天国は待ってくれる」 »