2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「新・仁義なき戦い」 | トップページ | 「ハッピー フィート」 »

2007年2月 1日 (木)

「天然少女萬」

B00005fplu01_ou09_pe0_scmzzzzzzz_  随分昔にWOWOWで放送したドラマの話。
 だけど、監督が三池崇史なんだよね。
 実は自分は女の子が暴れているのが大好きで、それも女子プロレスとかではなくて、映画やTVドラマでかわいいアイドル系の女の子が巧みな編集でいかにも動いているのがお気に入り。
 もっといえばそれでもって制服なんか着ていれば全然OK!
 そんなものだから「スケバン刑事」なんか毎週ビデオ録画していました。
 特に第6話のダブルスケバンキックの話なんか最高っすよ。
 もちろん、本当に動けるミシェル・キング(現在ミシェル・ヨー)なんかもいいっすね。
 特に香港映画は男女差別なく加減をしらないアクションが展開するので少々話がしょうもなくてもある程度なら気にしない。
 しかし、CXの「スチュワーデス刑事」にはちょっとがっかり。
 自分、木村佳乃がスッチーの恰好で飛行機内でテロリスト相手に大活躍するのかなと思って期待したんだけど、普通の旅行殺人物サスペンスだった。
 タイトル聞くと木村佳乃が空港警察の対ハイジャック専門の特別捜査官かなと・・・普通はやっぱ思わないですよねえ。
 だって、同じ時間で市原悦子の「おばさん刑事」とかやっているわけだから。
 これを市原悦子主役のアクションドラマだったら、それはそれで少しみたい。
 でもどちらが見たいかといえば木村のアクション満載の「スチュワーデス刑事」だと思うので、CXさんよろしく!
 ちなみに「スチュアーデス刑事」は本当は財前直美が主役だと思ったが、自分は木村佳乃が好きなのさ!
 さて、この前WOWOWを見ていると「天然少女 萬」の番宣が放送されていたのだが、グラビアアイドルが制服着て闘うとのこと!まさに最高のシチエーションではないっすか!
 で、3日間の放送を全部観た。
 話としては現在の高校生の話で援助交際とかが出てくるのが毎度お馴染みの要素ではあるのだが、基本的には健康優良不良少女の喧嘩を描いたものである。
 実は思った以上に闘いのシーンがないのがちょっと残念である。
 しかし、それ以上に青春モノとして十分楽しむことができた。
 実は自分は今や高校生でもなんでもないので彼女たちの気持ちはわからないのだが、、おそらくオールタイムのテーマである、友情、恋愛、大人と子供の微妙な中間の立場などはきっちりと描かれていると思う。
 喧嘩に負けたら特訓→再勝負、かつてのライヴァルが友達になるというのがいかにもの王道であり、こういう正統派を最近観たことがなかったので嬉しい限りである。
 女子高生といっても期間限定の立場なのだが、それでもその中をひたすら走り抜けている姿が、甲子園目指している野球部も渋谷を徘徊している女子高生も同じだなあと感じる。 実は東京の事情がわからないので、渋谷という街がどれくらい高校生に大切な街なのかよくわからないし、どれくらい高校が隣接しているのかはわからない。
 主人公のライヴァルが横浜から気軽に渋谷に来てしまうのだが、実は近いものなのでしょうか?
 地元の人が観るとまたもっと面白いのかもしれない。
 主人公役の松田純がえらくかわいく感じた。
 実はグラビアで散々見てはいるのだが、全然かわいいとは思ったことがなかったのだが、これが思った以上に役にはまっているのである。
 また彼女が覆面をつけて袴田に奇襲をかけるところなんか、「スケバン刑事Ⅱ」の鉄仮面を思い出させる。
 そういえが特訓シーンなんかは「スケバン刑事Ⅲ」の初期の設定ではないか。
 久しぶりに胸に熱いものがこみあげてきた。
 そういえばこのドラマの完全に「スケバン刑事」の和田慎二の世界で、とにかく学生の問題は学生で解決!大人の手なんか借りないぜ!・・・が基本である。
 このノリなら是非とも平成版「スケバン刑事」の制作を希望するなあ。
 「セーラー服反逆同盟」の復活は望まないけどね!
 今の制服はかわいいし、何しろ「おはスタ」(←いい歳こいて朝っぱらから見るなよ!)によるとハイパーヨーヨーがブームらしい。
 ただ残念なことにスケバンという言葉がすっかり死語なんだよなあ。
 基本的にはこの手の話は大好きなのだが、実はトータルすると全ての話を合わせて90分位の話にするともっとテンポが良かったのではないかと思う。
 何しろむやみやたらと回想シーンが多いのだ。
 また途中で出てくる宮村優子はまるで必然性がないので勘弁してほしい。
 大体彼女っていくつなんだ?
 美少女アイドル18人の中で自分がちょっと笑ったのは中丸シオンという女の子で、彼女は妙に化粧が濃くてセーラー服なのだが、これじゃあ昔のビニ本のモデルだぞ!
 あと、永井流奈が扮する主人公のライヴァルがラブホテルに行く時に「いってきま~す」じゃなくて「やってきま~す」なのがついつい笑ってしまった。
 自分は結構しょうもないネタで笑ってしまう奴なのさ!
 
 よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「新・仁義なき戦い」 | トップページ | 「ハッピー フィート」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13737444

この記事へのトラックバック一覧です: 「天然少女萬」 :

« 「新・仁義なき戦い」 | トップページ | 「ハッピー フィート」 »