2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ハッピー フィート」 | トップページ | 「Dear Friends -ディア フレンズ-」 »

2007年2月 3日 (土)

「魂萌え!」

Moe  定年を迎えた夫と暮らす主婦・敏子の平穏な日々は、突然の夫の死で一変する。 
 夫の携帯にかかってきた敏子の知らない女性からの電話で、夫に10年来の愛人がいたことが発覚!
 長男と長女を巻き込んで持ち上がる相続問題、目の前に出てくる一癖ある人達。
 敏子は孤独や不安に恐る恐るではあるけれど立ち向かい、もう一つの人生を見つけ、確かな変貌を遂げていく・・・・・・。
 原作は桐野夏生の小説だが、自分は未読。
 すいません、「萌え」という文字で、オタク系の話かと思ってました。
 監督は阪本順治。
 坂本作品は初期は面白かったが、ここ最近はあまり面白くなく、特に「亡国のイージス」は彼の作品の中でもぶっちぎりのつまらなさだった。
 「KT」の時も思ったが、この人は規模が大きくて緊迫感のあるものは得意ではなさそうだ。
 そのため全く期待していなかった本作品は、自分の中のレヴェルを下げていたとはいえ大変面白かった。
 坂本監督と言えば、どちらかといえば男汁溢れる映画のイメージが強いのだが、この映画は女性の再出発がテーマである。
 淡々とした進んでいく中でも、愛人との対決シーンは妙な緊迫感があり、男とは違った女の戦いが見事描かれている。
 主演の風吹ジュン(B81-W58-H82)は「蘇る金狼」のヌードでお世話になった人だが、年取ったなあと感じる。
 もちろん、美人であることは間違いないんだけどね。
 愛人役の三田佳子(B82-W58-H83)は鬼気迫るものがあるが、この迫力で息子の教育も頑張ってほしかった。
 上映時間は125分だが、それ程長さを感じない。
 女性の映画だが、男が観ても面白いので必見!
 
 よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「ハッピー フィート」 | トップページ | 「Dear Friends -ディア フレンズ-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

亡国のイージスは頭の悪さにクラクラしましたね。銃を握った瞬間に撃たれても文句を言えない立場であり撃つの撃たないのという話になんでなるのか。自分が撃たなかったらその敵が味方を撃つのは小学生でもわかることなり。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13771528

この記事へのトラックバック一覧です: 「魂萌え!」:

» 映画「魂萌え!」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺により、あの世へ... [続きを読む]

» 『魂萌え!』 [京の昼寝〜♪]
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。 ■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰 □オフィシャルサイト  『魂萌え!』 定年退職から僅か3年、夫・隆之は心臓発作であっけなく逝ってしまった。 葬儀の後、隆之の携帯にか... [続きを読む]

» 魂萌え! [いろいろと]
題名につられて鑑賞しましたが、思っていたより楽しめた映画でした。  出演 風吹ジ [続きを読む]

« 「ハッピー フィート」 | トップページ | 「Dear Friends -ディア フレンズ-」 »