2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「世界最速のインディアン」 | トップページ | 「バベル」 »

2007年2月13日 (火)

「Gガール‐破壊的な彼女‐」

Photo_26  正式名称は何と言うかわからないが、自分がアメリカン・コメディ、通称アメコメと呼んでいる映画がある。
 平均上映時間100分前後で、物凄く金がかかっているわけでもないし、豪華な出演者でもないが、脚本と演出で面白く見せてしまう映画である。
 まあ昔だったら、2本立ての1本というところだ。
 「Gガール-破壊的な彼女-」は、「スーパーマン」を思わせるスーパーヒロインの映画だが、スぺクタルを描くものでなく、スーパーヒロインが主役の、正にアメコメだ。
 超高速で空中を飛び、鋼鉄のボディで悪に立ち向かうスーパー・ヒロイン、Gガール。
 そんな彼女も私生活ではシャイで知的な女性であり、嫉妬深さもハンパじゃなく、我を忘れるとスーパーな破壊力を発揮する・・・・・・というもので、アメコミのヒーロー物の条件をうまく入れており、特撮も悪くない。
 自分が感心したのは、Gガールが飛ぶときに波紋が出るところで、これは絵的に面白い。
 原題は「MY SUPER EX-GIRLFRIEND」で、まあこのままカタカナ読みも芸がないが、「猟奇的な彼女」を思わせるので、ひょっとしてこれがリメイク?と思ってしまった。
 まあここでちょっとウケを狙うなら、やっぱり「鋼鉄のガールフレンド」でしょ。
 そして、アメコミでお馴染み博士や教授といわれる悪者もいるのだが、基本的には極悪な登場人物はいない。
 出演はGガール役にユマ・サーマンなのだけど、もはやガールという年齢じゃないだろ?
 まあアメリカの映画界は30歳でも高校生役とか平気で演じているくらいなので、想定範囲内か。
 個人的には彼女より、恋敵役のアンナ・ファリスの方が絶対にかわいいと思う。
 この二人の間で揺れ動く男にルーク・ウィルソン。
 「チャーリーズ・エンジェル」でキャメロン・ディアスの彼氏役の人で、困り顔がハマリ役。
 監督は久しぶりのイメージがあるアイヴァン・ライトマン。
 普通、この手の話は彼女とよりを戻すのがオチなのだが、これはちょっと意外な展開であり、おそらく絶対にないと思うけど続編も作れそうな感じ。
 個人的には続編があったら観たいのだけどね。
 
  よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「世界最速のインディアン」 | トップページ | 「バベル」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13889091

この記事へのトラックバック一覧です: 「Gガール‐破壊的な彼女‐」:

» 映画「Gガール−破壊的な彼女−」 [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督:アイヴァン・ライトマン 脚本:ダン・ペイン 製作:ギャヴィン・ポローン / アーノン・ミルチャン 製作総指揮:ビル・カラッロ 音楽:テディ・カステルッチ 撮影監督:ダン・バージェス 出演:ユマ・サーマン、ルーク・ウィルソン、 アンナ・ファリス、レ...... [続きを読む]

« 「世界最速のインディアン」 | トップページ | 「バベル」 »