2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「北の零年」 | トップページ | 「ラッキーナンバー7」 »

2007年1月13日 (土)

「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」

Photo_6  TVアニメの劇場版シリーズは回数を重ねると時とんでもない傑作が出てくる。
 「ルパン三世」だと「カリ城」だし、「うる星やつら」だと「ビューティフル・ドリーマー」、「クレヨンしんちゃん」だと「オトナ帝国の逆襲」などがそうで、今回公開された「オマツリ男爵と秘密の島」は「ONE PIECE」の映画の中では最高傑作だと思う。
 ルフィがオマツリ島の地図が入ったガラスのビンを発見。
 一行が辿り着いたオマツリ島は、すごく地味な島だった。
 ガッカリするルフィたちの前に肩から花を咲かせたオマツリ男爵が登場!
 オマツリ男爵は、オマツリ島で“試練を乗り越えたら秘密の宝物をくれるという。はたしてルフィ達を待ち受ける試練とは、秘密の宝物とは何か?
 かくしてルフィたちの挑戦が始まる・・・・・・っちゅうわけで、前半はシリーズの売りであるドタバタと面白い会話が展開する。
 特に最初の試練である金魚すくいが実はとてつもなく大きな金魚をすくわなくてはいけないという面白さもさることながら、「輪投げ」対決で運河のようなところでボートチェイスがあるのだが、破壊されたボートを修理すると前よりも性能も良くなり大きくなっているというテックス・ アヴェリーのアニメに出てきそうなギャグが大変面白い!
 とにかく前半はこれでもかというくらいギャグとアクションのてんこ盛りなのである。
 しかし、後半は大変暗くグロい展開で、そのあまりのギャップに驚くと同時に目が離せない。
 実はこの映画は大切なものを失う怖さをきっちり描いており、それが画面からひしひしと伝わってくる。
 それが切なく時には怖く描かれている。
 さらにちょっと泣ける展開もあって、チョッパーを助けようとする子供達を離そうとする親父のエピソードや、最後、ルフィの「チョビ髭」ってやるところ(説明するのも無粋なので映画を観てください)なんか結構ジーンと来たよ。
 そして、この映画を観終わった後にふと考えるのは、これまでの話が実際にあった話なのか夢なのか?という構造も面白いと思う。
 ジブリアニメもいいけど、この手のアニメも見逃さないようにしないとね。
 監督は「時をかける少女」で評価の上がった細田守なのだが、自分はこの映画の公開当時は全然知らなかったというか意識してなかったんだよね。
 あと、毎度毎度入場者全員プレゼントが言わないともらえない。
 子供の料金の倍近く払うんだからしっかり渡せよ>受付のねえちゃん
 
 よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「北の零年」 | トップページ | 「ラッキーナンバー7」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13476219

この記事へのトラックバック一覧です: 「ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」:

« 「北の零年」 | トップページ | 「ラッキーナンバー7」 »