2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「蝉しぐれ」 | トップページ | 「四日間の奇蹟」 »

2006年12月20日 (水)

「劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY」

Burio  とりあえず毎週「週刊少年ジャンプ」は買っているのだけど、全部の漫画を読んでいるわけでもなく、「デスノート」が終わってからは、もはや惰性で買っている状態。
 あ~この手の状態は前もあったなあと思ったら、「ドラゴンボール」が終わった時で、「こち亀」が終わったら本当にジャンプを卒業します。(いい歳ぶっこいて何言ってんだかなあ)
 「BLEACH」は、すいません、結構適当に読んでるので思い入れはあまりないです。
 一応、どんな話かというと、「週刊少年ジャンプ」に連載されている漫画で、死神の力を手に入れた高校生・黒崎一護の闘いを描いている。
 テレビ東京系でアニメ化もされているし、ゲームにもなっている。
 今回の劇場版はファン待望の初の映画化らしい。
 大量発生した欠魂の群れが町を徘徊し、尸魂界にも死神たちの住む瀞霊廷の上空に、突然現世の風景が映し出された。
 黒崎一護の前に不思議な死神女が現れ、そして厳率いる闇の勢力の恐るべき謀略が動き出す・・・・・・。
 欠魂や尸魂界、瀞霊廷、斬魄刀など暴走族の当て字みたいな文字が頻繁に飛び交っており、「尸魂界」と書いて「ソウル・ソサエティ」と読むらしい。
 もちろんファンのための映画なので、それ以外の人が観にいくことが既に無謀である。
 ところが、この手のアニメは侮れないところがあって、同じ「ジャンプ」で連載している「NARUTO」の映画も観にいったら意外にも良くできていて実際少し感動してしまったところがあるので油断できない。
 そんな状態で劇場に行ったのだが、物語の設定を映画の中で流れを壊さないようにうまく説明しているので、お子様の同伴の保護者の方も安心!
 高校の先生が言うところの「義務教育と違うんやからわからん奴は置いてくぞ」状態ではなかった。
 まあジャンプに連載している漫画でそんなに難しい設定なんかあるわけないんだけどね。
 上映時間90分程度なのだが、意外にも面白く最後は結構泣ける。
 ここ最近のTVアニメの映画化は意外に傑作が多く、TVや漫画の設定は生かしながらも、映画用に話を構築してしまうのだ。
 TV版を再編集した作品が多かった昔とは違うと改めて実感!
 この映画の一番の感動箇所は意外にもエンドロール後なので、そこで絶対に帰らないように!
  声の出演で安田大サーカスや森下千里(B88-W55-H87)が出ているのだが、正直あまり意味はないのだが、おそらくここらへんはTV放送ではカットされるところなんだろうなあ。
 風が吹いてもパンチラがないので、実はテレビ東京系のアニメはパンチラ厳禁という話は本当だと思った。

  よろしくお願いします→人気blogランキングへ

« 「蝉しぐれ」 | トップページ | 「四日間の奇蹟」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/13143431

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY」:

« 「蝉しぐれ」 | トップページ | 「四日間の奇蹟」 »