2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「天国の本屋~恋火」 | トップページ | 「交渉人 真下正義」 »

2006年11月 5日 (日)

「デスノート the Last name」

96c341ebs  前編公開当時は、それなりの興行成績を上げたのは噂に聞いていたが、自分の周りではそれ程話題にもなってなかった。
 ところが、ここ最近、「金曜ロードショー」で放送されて以来、録画してあったらテープを貸してくれという問い合わせがやたらと多い。
 公開してまもない映画をビデオやDVDが販売される前に、テレビ放送するのはある意味、ソフト販売をする側から見たら、売れ行きが下がる可能性があるので危険度が高い。
 しかし、この映画のようにしばらくして後編が公開されるなどの諸条件を満たせば視聴率も上がるし、続編がきになって劇場に足を運ぶかもしれない。
 確かに初日の昼に劇場に行ったら座席完売だったのには驚いた。
 今までもTVで放送して続きを映画館で見せるという方式はあったが、「あぶない刑事」にしろ、「パ★テ★オ PATIO」にしろ成功したとはいえない。
 それは何故かというとつまらないからで、テレビ放送を見てつまらないのに金払って劇場で観るわけがない。
 ところが「デスノート」は面白いので、続きが気になってしまうのだ。
 これはある意味、新しい方式の一つかもしれない。

 恋人が死んだ事件をきっかけにキラ逮捕に協力するためと称して捜査本部に入り込んだ夜神月は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた天才青年Lと直接対決することになった。
 しかし、二人も知らないところで、リュークとはまったく別の意志を持つ死神レムによって、
 地上にもう1冊のデスノートが落とされ、キラを崇拝するアイドル弥海砂が第2のキラとなった。
 今までのキラにはなかった特別な力”死神の目”を持つ彼女は月に協力を申し出るが・・・。

 大変面白い!
 原作を読んでいてラストが不満で、ネットに出回っている誰かの描いた同人誌のラストの方が面白いと思っていた自分にとって、この映画は大満足!
 原作の第二部はジャンプでお馴染み戦いのインフレ状態でグダグダ状態だったが、映画はあくまで月とLの息詰まる戦いに絞っている。
 この映画の面白いところは、感情的なものがなく、あくまで頭脳合戦に終始しているところで、主人公は理想の社会を作るといいながらやっていることは無茶苦茶なのだが、それが正しいと最後まで疑わないところが良く、Lにしても正義とかよりもキラの謎を解きたいが最優先だし、弥海砂も愛する月のためなら何でもやってしまうような女で、人間としてどうよ?というような奴らなのだ。
 もちろん、映画は道徳的な道筋もきちんと用意しているのがそれを前面に出していないのが説教臭くなくて良い。
 そしてこの映画の面白さは、デスノートのルールに従って動いているとことだと思う。
 これはスポーツを見ているようなものであり、決め事の中でいかに動くかが面白いのである。
 それに金子修介監督の演出もうまいと思う。
 そして金子修介といえば女性の撮り方が妙にエロいのは有名だが、今回もそれが全開している。
 片瀬那奈(B86-W59-H87)の脚線美最高!
 弥海砂役の戸田恵梨香(B77-W56-H78)もロリ萌えには最高なのだが、やはりマニアは金子映画にはお馴染み前田愛(B75-W58-H79)の出演もチェックしておきたい。
 夜神月役の藤原竜也は全篇ほど違和感を感じなくなったが、彼の演技だけ少し浮いてしまうのは舞台が中心の人だからか?
 Lを演じる松山ケンイチは原作の雰囲気をうまく出しているけど、彼の食べている甘いものがどんどん過剰になっていき見ていて胸焼けがする。
 死神リュークの声の中村獅童が飲酒運転で捕まったのでどうなるかなと思ったら起用されていたので安心!
 まあ彼の場合、死神というより鬼畜で、デスノートがあれば真っ先に竹内結子(B80-W60-H82)に名前を書かれる人物なんだけどね。

 人気blogランキングへ

« 「天国の本屋~恋火」 | トップページ | 「交渉人 真下正義」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12560020

この記事へのトラックバック一覧です: 「デスノート the Last name」:

» 「デスノート the Last name」 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
丸の内ピカデリー1で先日公開になった 「デスノート the Last name」を観てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載されショッキングなストーリーで 話題となった大人気コミックの映画化の続編。 前編に続き今度の続編は書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思..... [続きを読む]

» 映画vol.93 『デスノート 後編』*試写会 [Cold in Summer]
『デスノート 後編』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 松山ケンイチ 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 残念ながら、原作未読〜。読みたい〜。 でも先に『のだめ』を読み始めたので我慢・・・。 映画の...... [続きを読む]

« 「天国の本屋~恋火」 | トップページ | 「交渉人 真下正義」 »