2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ストロベリーショートケイクス」 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 »

2006年11月19日 (日)

「父親たちの星条旗」

Ioujima  太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾で、硫黄島の擂鉢山に星条旗を掲げる6名の兵士を写した有名なジョー・ローゼンタールの戦争写真の裏側に秘められた真実の物語を描く人間ドラマ。
 凄惨な硫黄島での戦いを生き延び帰還した3名の若者は自らの思いとは無関係に国民的英雄として戦時国債キャンペーンに駆り出され、アメリカ各地を回ることになる。
 映画は彼らの戸惑いや苦悩、その後の人生を描いていく。
 一昔前だとアメリカの第二次世界大戦を映画化したものは、明るく楽しいものであり、やっぱり戦勝国は違うなあ、戦争は勝たないとどうしようもないというムード一杯のものだった。
 それに比べて日本は敗戦国のためか闇雲に戦争はいけないという方向の映画ばかりで、もちろんそれはそれで大切なのだけど、どうして戦争がダメかをまるで描いていないところには疑問が残ってしまう。
 ところが、さすがにアメリカもヴェトナム戦争以降は明るく楽しい戦争映画ばかりでなくなってきた。
 相変わらず明るく楽しいものもあるが、一方では戦争そのものを見直す映画も出てきた。
 「プライベート・ライアン」は映画館を戦場にしてしまうことにより、戦争の怖さを描いている。
 一方では「パール・ハーバー」というトホホな映画もあったりする。
 今まで絶対の悪役だったドイツが必ずしもそうでなくなったりするなどの配慮もされるようになった。
 「父親たちの星条旗」は戦争は硫黄島の戦いが「プライベート・ライアン」のような迫力があって、そこが見所でもあるだが、自分は銃撃戦や爆撃などの物理的な戦いを描いた戦争映画よりも、情報操作による戦時国債キャンペーンを描いているのが興味深かった。
 ただ盛り沢山すぎるところもあるので、アダム・ビーチ演じるインディアン兵のエピソードを中心にした方が良かったのではないかと思われる。
 クリント・イーストウッドは自分の中ではまだダーティ・ハリーのイメージがあるのだが、今やすっかり映画監督なんだなあ。
 これってビートたけしが自分らの世代だと漫才師だけど、今の子供には映画監督というのと同じようなもの?
 2部作の第2弾は日本側から描く「硫黄島からの手紙」なのだが、果たしてアメリカ人がどこまで日本側から描けるかが気になるところだ。
  
 人気blogランキングへ

« 「ストロベリーショートケイクス」 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12742827

この記事へのトラックバック一覧です: 「父親たちの星条旗」:

» 父親たちの星条旗と戦争映画撮影現場 [映画館(こや)の木戸はあいている]
 私の8歳のころ、故郷(滋賀県甲賀市水口町)で映画ロケが行われました。  弟た [続きを読む]

« 「ストロベリーショートケイクス」 | トップページ | 「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」 »