2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「ヅラ刑事」 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »

2006年11月29日 (水)

「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」

Odorup02  夏休み映画の日本映画は子供用と決まっているので、アニメとか特撮物になるわけで、大人は外国映画の超大作娯楽映画と決まっている。
 しかし、よく考えてみたら外国映画の超大作娯楽映画、「スター・ウォーズ」でも「スーパーマン」でも何でもいいのだが、それらは大人だけでなく子供が観ていても楽しかったはず。
 つまり老若男女たが楽しむ映画は作ることができるわけで、日本映画だってできるはずなのである。
 「踊る大捜査線」はTVドラマの映画版だが尋常でないヒットをしていて、立ち見が出るくらい大盛況でロングラン興業だった。
 ヒットした映画があれば当然2匹目のドジョウを狙うのは当然で、いくらなんでもヒットしていないけど、2作目を作ろうとかいう映画会社はないだろう。
 確かに正月映画に「北京原人」やら「千年の恋」やら上映して失笑を買っていて、上層部が何を考えているのかさっぱりわからない映画会社もあることはあるのだが・・・・・・。
 出るべきして出てきた「踊る大捜査線」の映画第2段を夏休み映画として公開した東宝は大英断だと思う。
 普通なら夏休みは「ポケモン」でお茶を濁して秋に公開して冬休み映画までのつなぎにするのが一番美味しいやり方であるのだが、それをやらなかったのが良い。
 少なくとも夏休みに子供映画以外の作品を大々的に公開しているのは評価するべきだと思う。
 TVドラマも映画も面白かったので、最新作には期待してしまうのは当然だろう。
 初日の満席の中で観たのだが、2作目というのは大抵トーンダウンしてしまうもので「エイリアン2」とか、「ターミネーター2」とか例外もあるが、1作目を越えることはできない。
 しかし、この作品においては1作目同様の面白さをキープしており、十分面白く観ることができた。
 少なくとも明らかに違う話に移行しつつある「ターミネーター3」や話はよくわからないが、映像だけ観る価値があるというほとんどサーカス状態の「マトリックス・リローデッド」、勢いだけで突っ走る「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」よりも、自分はこの映画を買う。
 評論家の中には所詮TVドラマの映画化じゃないかと馬鹿にするかもしれないが、あえて言いたい。
 TVドラマで悪いか?
 自分はつまらない映画よりも面白いTVドラマの方を評価する。
 話はパーティー会場にテロリストが立て籠もり、それにSATが立ち向かうところからスタート!
 もちろんどう考えてもテロリストは湾岸署の人間で訓練であることは、エスパーでなくても想像がつく。
 ところが、この映画はもう一ひねりしてあって、対テロの訓練を受けたSATに逆に勝ってしまっうところで、もう最初からこの調子で、相変わらずクソ細かいギャグや伏線、ファン・サーヴィスなど目白押しである。
 TVドラマですっかり登場人物のキャラクターが立っているので、今更人物説明する必要もないわけで、これがシリーズ物の強みだろう。
 もちろん、だからといってマニアックなアニメみたいに脳内補完をしないと何がなんだかわからないというものでもなく、知っている人はより楽しく知らない人でもそれなりに楽しむことができるのが良い。
 今回はお台場の湾岸署管内で殺人事件が発生。
 湾岸署の刑事たちは捜査本部の女性管理官の命令に従いつつ、暴行やスリなど所轄の事件も捜査する。
 一見関係ない事件が話が進むにつれて結びついていく。
 「パトレイバー2」を思わせるような、東京を舞台にうまく使っており、それらが、東京に住んでいる奴にしかわからないようではなく、東京を知らない田舎者(自分のことですね)でもきちんと状況がわかるように映像で説明しきってしまう。
 そして相変わらず捜査本部の物々しさや、コンピューターの使い方などいかにもなハッタリのかまし方で、いかにも大がかりな事件であることや迫力を見せている。
 今回初めて登場する女性管理官の横暴ぶりもうまいが、後半あたりで口には出さないものの捜査方法に問題が出てきて焦りが出ているのを目線やちょっとした動きで見せているのはうまいと思う。
 レインボーブリッジを封鎖するのに妙に手続きが面倒であるというのは、ちょっと建築関係の仕事をした人間には笑えないものがあるが、この一筋縄でいかないものをいかにクリアするかがと、この物語の面白さであることは言うまでもない。

 映画としては水準を十分クリアしているし、やはり昨今のスピンオフより遙かに面白いのは、本家の実力か。  

 人気blogランキングへ

« 「ヅラ刑事」 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12873248

この記事へのトラックバック一覧です: 「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」:

« 「ヅラ刑事」 | トップページ | 「プラダを着た悪魔」 »