2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「電車男」 | トップページ | 「ハード・デイズ・ナイト」 »

2006年11月 9日 (木)

松竹110周年記念・シネマ歌舞伎第一弾「野田版・鼠小僧」

041201noda_nezumi  「シネマ歌舞伎」とは、松竹が歌舞伎の舞台公演をHD高性能カメラで撮影してスクリーンで上映するというもので、、その第一弾が、野田秀樹作・演出、勘九郎(現・勘三郎)主演のコラボ作品「野田版 鼠小僧」らしい。
 自分は正直、歌舞伎は興味ないのだが、HD高性能カメラで撮影された画質がどれくらいなのか確認するために観にいった。
 ところが、意外にも面白くて、確かにNHK教育で放送している舞台中継とそれほど変わらないのだが、出演者の芸達者ぶりに驚いた。
 もっと難解な話かと思いきや単純明快な話で、それを役者の絶妙な演技で見せていく。
 肝心の画質も怖いくらい鮮やかであり、演目が始まる前の客の動きが妙にリアルだった。
 出演者の汗だくな顔はちょっと気持ち悪いが、逆にあそこまで鮮明にカメラが撮影できることに感心した。
 おそらくこれが家の14インチのテレビで観るNHKの舞台中継との差であり、昔のキネコの画質やビデオ上映とは全く違う。
 これだったら演劇や音楽ライブを大きなスクリーンでこういうのを観るのもありかもしれない。
 そんなわけでHD高性能カメラで撮影してスクリーンで上映する「吉本新喜劇」希望!

 人気blogランキングへ

« 「電車男」 | トップページ | 「ハード・デイズ・ナイト」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12625279

この記事へのトラックバック一覧です: 松竹110周年記念・シネマ歌舞伎第一弾「野田版・鼠小僧」:

« 「電車男」 | トップページ | 「ハード・デイズ・ナイト」 »