2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 「永遠の法 ~ The Laws of Eternity ~」 | トップページ | 「初恋のきた道」 »

2006年10月 6日 (金)

「東京攻略」

4988102651411  「ホットドッグプレス」とか「ポパイ」などの情報誌で田舎者相手の特集みたいなタイトルに笑ってしまうが、東京を舞台にした香港映画である。
 外国映画が日本を舞台にすると「007は二度死ぬ」の例を出すまでもなく、その勘違いぶりが笑えてくる。
 今回もそれを楽しむつもりだったが、実は映画として純粋に面白いことにびっくりした。
 出演は香港からは「ハードボイルド/男たちの挽歌」のトニー・レオン、深田恭子主演の「鬼の棲家」のケリー・チャン、「星願」では看護婦姿に感動のセシリア・チャン、日本からは、異常に久しぶりな感じがする仲村トオル、「トリック」の弾けた演技で再浮上の阿部寛、その他にも自分のお気に入りの森山ゆうこが出ているはずなのだが、ちょっと気を抜くとどこに出ているかわからない。
 土地の距離感が滅茶苦茶とか細かいところは色々あるらしいのだが、そんなの香港の人でなくても地方の人間だってわからない。
 最後の「ワールド・イズ・ノット・イナフ」ばりのボート・チェイスには感動!
 東京の川を舞台にしたアクションといえばアニメの「逮捕しちゃうぞ」くらいで、実写だと「釣りバカ」くらいしか観たことがない(「釣りバカ」はアクションじゃないか)
 果たしてこの映画のスタッフが許可をとって撮影しているかどうかは疑問だが、やろうと思えば日本でもアクションができるということを証明している。
 残念だったのはアクションシーンで凝り過ぎてストップモーションなど小細工をやりすぎているところ!
 やっぱりできたらストレートなアクションを観たかったなあ。
 人気blogランキングへ

« 「永遠の法 ~ The Laws of Eternity ~」 | トップページ | 「初恋のきた道」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185540/12166335

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京攻略」:

« 「永遠の法 ~ The Laws of Eternity ~」 | トップページ | 「初恋のきた道」 »